2007年09月05日

上園、絶対勝ち星つけてやるからな

同点で迎えた5回裏。
1アウトでの野口の打席、素晴らしかったなぁ。

「上園、絶対勝ち星つけてやるからな」

そんな気持ちが表情に満ち溢れてた。
そしてバットの先だったけど、センター前へ。

関本が送って、代打。
野口の中でシナリオができてた気がする。
そのシナリオに従って采配を振るう岡田監督。
選手が強いエネルギーを発するとき、それを汲み取って自然に動かすことに関して岡田監督は超一流。

「あそこは、バントでミツやろ」

というコメントがあるとすれば、
その後に続く言葉は、

「野口の背中がそう言ってたから」


上園のフォークボールを体で止めに行く姿、
ファンブルした時の反応の良さ。
キャッチャーフライを追う姿も、
アニキの好返球、タイミングはきわどかったが、掬い上げて瞬時にタッチ。同時にブロック。大ファインプレーだった。

三点目のレフト前ヒットも、もちろん素晴らしい。

今日のヒーローインタビューが少し歪だったのは、
鳥谷がドライだからでも、
みっちゃんが先日大感動のインタビューがあって二度目だったからでもない。

ヒーローが別にいたからだ。

野口寿浩。
上園に勝ち星までつけて、六連勝目を決めて見せた。

大ヒーローは5回の打席で燃えていた。
「上園、絶対勝ち星つけてやるからな」

クリックでblogランキングへ

posted by コーチ at 21:36| Comment(0) | TrackBack(2) | □ 野口 寿浩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エラーの試合の打撃陣

昨日の鳥谷は本当に良かった。
ベイスターズの守乱を誘発した原因は、鳥谷の一打席にあったとも思う。

2ストライクから変化球のタイミングで待って、ストレートをファールにする。それを何度か繰り返して、最終的に驚くほどポイントを後ろにしてストレートをヒットにした。結果は「センター前にポトリと落ちる、詰まったヒット」だったけども、寺原に与えたダメージはホームラン以上のものがあったのではないかと感じた。あんな打ち方されたらどうやってアウトにしていいか分からない。

で、動揺した寺原が赤星のバント処理を暴投した時点で結果的にゲームは決まった感があった。

こういうなぜか点が入っていく試合というのは、逆に攻撃しずらい面もあったと思うが、タイガース打線はよく辛抱して攻撃を続けたと思う。

カウント1−2など、バッティングカウントで見せる赤星のフルスイング。赤星は昨日ノーヒットだったけど、随所に素晴らしい姿勢が見えた。山口俊の剛球に対して真っ向から振りにいって振り負けてアウトになった赤星が本当に素晴らしかった。あんな凄い球投げるピッチャーそうそういないわけで、145キロの速球だったらライト戦に飛ぶ振り方だった。

関本の一打席目。2回、先頭打者。初球のまっすぐを打ったライトライナーも印象的だった。非常に躍動感溢れる打撃。6回も先頭打者。同じように初球を打ちにいってライト前、ダメ押しの2点のきっかけとなった。

矢野が復調してくればまた話は変わってくるが、矢野がこの状態が続くようなら4番と5番の出塁率が高いであろうことも考慮して、7番で切れる可能性が非常に高い。先頭の関本が出塁。9番で送って、鳥谷赤星と回していく。このリズムが作れれば非常に強い。逆に関本がなかなか出塁できなければ、8番9番はあっさりアウト、2アウトランナーなしの鳥谷赤星。もし二人が塁に出ても2アウトのチャンスでシーツはやはり苦しい。アニキから始まるイニングを増やしてしまうことにもなり、それに繋がっていく8番関本が出塁できるかできないかは非常に重要であると思う。

その時に、昨日みたいなバッティングをしてくれていればとても心強い。だけど、そろそろ矢野さんが打ちそうな気もするのだけど。昨日、何気ない場面で優しい顔してたし。

シーツは本当にストレートしか打ちにいかないけど、何かが吹っ切れたのかもしれない。オリャって振りに行ってるから、先っちょに当たってセンター前に落ちるんだろうし。で、ちょっとストレートが甘く入ってきたら会心のセンターフライを放つ(笑)。あれも球場が東京ドームや神宮や広島だったらホームランかもしれないし、4打席のうち1回は甘いストレートが来るだろう、という割り切りは良い結果は生むような気がする。で、たまにスライダーを先っちょに引っ掛けてポトリ、で打率二割八分。現実的。

アニキはシフトの逆を突いたレフト前ヒットが素晴らしかった。ああいうシフトって、「そこに飛ぶ確率が高い」というのと、「それを意識させることによって、メンタルのバランスを崩そう」という意図だと思うけど、アニキはその次元にない。外の難しい球だから→ふつうに流す→結果的にシフトの裏をついたことになった、みたいな。さすがの達観を感じたヒットだった。

葛城は5回の2アウトランナーなしから選んだ四球。そのイニングは2アウトランナー1塁で矢野なので、やはり現状では得点しづらいけど(結果、三振)。次のイニングで、関本から始まって二点入るという、こういう四球こそスペンサーが最も貢献していた種類の仕事。
ナイス葛城。

そして桜井。
桜井が併殺打を打たないことについては、何度か触れてきたけど(まだ一つだけ)、本当に彼はダブルプレーを怖がらない。だから見ているほうもダブルプレーがあるかも?っていう気にならないのだと思う。
昨日は、3回の第2打席。先頭のシーツが倒れて、アニキがレフト前で出塁。1アウト1塁。ランナー金本という作戦ととしては「打つ」しかない場面。相手チームとしても作戦に関してはまったく警戒を必要としない「純粋にダブルプレーを狙いにいきます」という場面の桜井。とにかく振って振って、際どい球は見送って、ファールにして最終的に少しスライダーが中に入ってきたのをレフト前ヒット。お見事の一言だった。

ああいった相手チームにエラー続出で、なかなか難しかった試合。それぞれがきっちり打っていたなぁという印象だった。

繰り返していれば、きっと大丈夫。
あと30分ほどで試合開始かぁ。
楽しみ、楽しみ。


クリックでblogランキングへ


posted by コーチ at 17:28| Comment(0) | TrackBack(0) | □ 関本 健太郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

能見はもっと「あいこでしょ」

先生  「あいこでしょ!あいこでしょ!aikoでしょ!」
コーチ 「三つ目ちょっと変ですよ」
先生  「あいこでしょ!あいこでしょ!愛甲でしょ!」
コーチ 「もういいです」

先生  「ちゃうねや、コーチ」
コーチ 「何も違うことなんてありません」
先生  「能見のピッチングのことや」
コーチ 「能見?」
先生  「コーチがこの間しとった話やで。高橋尚が赤星に対してした『あいこでしょ』の勝負の話」
コーチ 「あぁ、ありましたねそういうの」
先生  「コーチ、東京ドームの巨人戦のあと、こんなん書いたやろ?」


序盤、引き続き阿部のリードは抜群の冴えを見せていた。
特に赤星に対する攻めが素晴らしかった。好調時の赤星というのは本当にフォアボールを取ることに長けている。それを封じるために阿部が見せた配球。

例えば気心知れた友人と「じゃんけん」をする時に、相手が「グー」を出してくる確率が最も高いと感じた。データ的にそうなのだ。この場面では「グー」で来る。しかし、相手もこっちの気心をよく知っている。自分がグーを出すことを逆手にとって、こちらが「パー」を出すことを読み、「チョキ」を出してくるかもしれない。おそらく「パー」で来ることはない。ならば・・・

阿部が赤星に見せた配球はこの時に「グー」を選択する配球だと思った。「パー」を出してくる確率が一番低いなら、「グー」が最も負けない。「あいこ」でもいい。ファールを打たれるのは構わない。野球は「じゃんけん」と違って「あいこ」で決着がつく場合がよくある。ヒット性の当たりの内野ゴロも、フェンスギリギリのファールフライも、際どいコースの見逃しの三振も全部「あいこ」の範疇。阿部は赤星に対して「あいこ」での決着を選択しているように見えた。

赤星の第一打席。カウント2−3からの6球目。ストレートをショートゴロ。赤星に対しては木佐貫の決め球、鋭く落ちるフォークボールを初球以外は一球も使わない。見事な「あいこでしょ」で、阿部に軍配。


逆にシーツは「グー」を出してくるだろうと思って安心して「パー」を出す。フォークボールで空振り三振。このゲーム阿部のペースで立ち上がった。



コーチ 「書きましたねぇ。うん、読み返してみても案外いいとこついてるなぁとは思います」
先生  「今、能見に大事なんは、イヤ、能見だけやなくて上位三球団全ての投手についていえることやと思う」
コーチ 「はい」
先生  「この『あいこの精神』やで」
コーチ 「なるほど」
先生  「能見見ててな、一生懸命投げてるのは手に取るように分かるんや。丁寧に丁寧に。ほんまに一生懸命投げてる」
コーチ 「昨日は特にまたそんな感じでしたね」
先生  「やけど、勝負の決着のほとんどが、能見の勝ちか、能見が勝てなかったか、という勝負になってしまってるねん」
コーチ 「確かに」
先生  「フォアボールが多かったのもそれが原因やしな」
コーチ 「丁寧さゆえ」
先生  「もちろん、それは悪いことではないねんけども、実際昨日も6回1失点。素晴らしい結果や」
コーチ 「はい」
先生  「だけども、昨日ナゴヤドームで高橋尚がKOされたやろ?」
コーチ 「ウッズを警戒しすぎて、押し出しの四球と満塁ホームランだったみたいですね」
先生  「たぶん、能見と高橋尚はおんなじスタンスで投げてたと思うねん」
コーチ 「試合展開もあって、甲子園の方はラクでしたけどもそうでない試合の方がこれから絶対多いですからね」
先生  「大事なことはや」
コーチ 「はい」
先生  「持ってる力をしっかりと発揮することやと思うねん」
コーチ 「もちろんです」
先生  「その時に、ちょっと言葉おかしいかも知れへんけど、能見みたいな基本真面目な人は、もっと雑に投げてもいいと思う」
コーチ 「ですね。『あいこ』でもアウトになることありますもんね」
先生  「それだけの球を能見は投げれるピッチャーやからな」
コーチ 「昨日やったら数少ない『あいこ決着』の勝ちは下窪の初球サードゴロとか、金城の二球目を打ち上げたセンターフライとかね」
先生  「『あいこ』で負けたんが吉村に打たれた二塁打」
コーチ 「別に悪くないんですよね、それで。印象に残りにくいアウトやヒットだってあってもいい。それを積み重ねていって、勝負どころで『勝ちにいく』と」
先生  「結果ももちろん重要な時期やけど、それよりもやっぱり『思いっきり投げて、おさえたー!』へ向かうことが大事やと思う」
コーチ 「その結果打たれたんやったら、もう相手を讃えて、また悔しい気持ちを技術にかえていけばいいんですもんね」
先生  「安藤が抑えから先発に転向した当時もこの感じで凄く戸惑ってよな」
コーチ 「適当にアウトを取りにいけないんですよね」
先生  「ベイスターズの山口俊とか物凄い球投げてたけど、先発したらしたでまたそういうところにはまるんやろうな」
コーチ 「まぁあんだけすごい球やったら、調子良かったら全然打てないかも分からないですけども。ワインドアップの時は痩せてた頃の伊良部みたいでしたもん」
先生  「ま、とにかく昨日は勝ててよかった」
コーチ 「大事に行き過ぎると昨日のベイスターズみたいなことが起こってしまうんですよね。『寺原、この大事なときに何してんねん』相川がそう思ってしまった時点で苦しかったです。それが自身の捕球ミスにも繋がってもうて、もう収拾がつかないっていうか」
先生  「高橋尚もたぶんそんな感じで打たれたんやろうな」
コーチ 「広島でのドラゴンズは決して調子よくなかったですからね。井端が必死になってピッチャーに声かけて保ってた感じでした」
先生  「てなわけで」
コーチ 「はい」
先生  「大事なことは、もう同じやな」
コーチ 「ですね」
先生  「ピッチャーは腕を振る。バッターは思いっきり振る」
コーチ 「ここまできたら最後は『オリャァァ』の精神をどれだけもてるかの勝負みたいな感じですよね」
先生  「最終局面に差し掛かってきて、当然そのことが最も難しいんやけども」
コーチ 「昨日のタイガース結構良かったですよね」
先生  「『オリャァァ』を強く手にできたチームが混戦を抜け出す」
コーチ 「今日もそういう試合ができれば順位はまだ下ですが、一歩抜け出せるかも知れないですね」
先生  「てことで、タイガース、オリャァァァ!!!」
コーチ 「どんな締めなんですか(笑)」



クリックでblogランキングへ

posted by コーチ at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | □ 能見 篤史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。