2007年09月12日

能見がんばれ、桜井がんばれ

先生  「空が急に秋めいてきたなぁ(空を仰ぎ見る)」
コーチ 「珍しいですね。季節の話題からなんて」
先生  「だけど、審判むっちゃ下手!!!!」
コーチ 「急展開!!笑」
先生  「あの下手さはないで。もちろん悪気はないやろうけど、速い球やとストライクゾーン広がるし、バントの構えしたらストライクゾーン移動するし」
コーチ 「ボランティアで草野球の審判やってくれてはるおっちゃんとか、たまにああいう人いますけどね。ちょっとでも抗議の態度見せたらむっちゃ怖い顔で睨まれるんですよ(笑)絶対ボールのとこストライクって言ってるのに」
先生  「ほんま、そのレベルやったなぁ」
コーチ 「もし、何らかの事情で、例えば体調がむっちゃ悪かったとか、正常な判断ができひんのやったら球審やるべきじゃないですしね」
先生  「まったくその通り。能見はかわいそうやったなぁ」
コーチ 「ですね」

先生  「せやけどな、コーチ」
コーチ 「はい」
先生  「能見はもっと『あいこでしょ』が必要やって話、前したやん」
コーチ 「しましたね」
先生  「鞘師のフォアボールの場面。確かにストライクやったけども、もちろんガッカリやけど、もうちょっとゆとり持って適当に投げれたら、あんなにもガッカリせんですむんやもんな」
コーチ 「一つ一つ全部勝ちに行かなくても、相手関係によっては十分アウトにできるスピードと切れがありますもんね」

先生  「そこで考えたんやけどな」
コーチ 「はい」
先生  「ピッチャーって、グラブに好きな言葉の刺繍入れたりするやん?」
コーチ 「下柳先輩やったら『前後裁断』みたいなやつですよね」
先生  「そうそう。ふつうはそういうカッコいい気持ちが引き締まる言葉やねんけど、能見の場合はもっと気持ちが緩むような」
コーチ 「はい」
先生  「『鼻毛』とか」
コーチ 「『鼻毛』って刺繍いれるんですか?笑」
先生  「せや。さあ、この一球は絶対コントロールミスしたらあかん! 丁寧に丁寧に、と思ってるところでふとグラブの刺繍が目に入るんや」
コーチ 「鼻毛」
先生  「ちょっとリラックスできそうやろ」
コーチ 「確かにできそうですけど、能見のキャラクターを考えると少し頑張り過ぎてる感じもありますね。もう少しカッコいいほうがいいですよ、たぶん」
先生  「ほな、『鼻毛裁断』でどうやろ?」
コーチ 「それは、鼻毛が常に伸びやすいことを過剰に思いすぎてる感じが出すぎてダメです。下柳先輩をバカにしてるみたいに見えますし。そもそもリラックスするっていう本来の目的から外れてきてます」
先生  「『鼻毛厳禁』」
コーチ 「おんなじことです」
先生  「じゃあどないしたらいいねん! 何鼻毛って刺繍にしたら能見はリラックスできるねん!」」
コーチ 「先生」
先生  「なんや?」
コーチ 「絶対に、鼻毛やないと、ダメなんですか?」
先生  「あ!」


コーチ 「まぁ完封負けやったわけですけど、長谷ビッシュ良かったですよね」
先生  「せやな。昨日もダルビッシュみたいやった。前回のタイガース戦は勝ち投手なれる展開やったけど打順のめぐりで交代して、結局勝ち投手なられへんかった」
コーチ 「浜ちゃんが広池から復帰後初アーチの試合でした」
先生  「そういうのもあって、チーム全体で長谷川さんを勝たそうって雰囲気があったかも知れんし」
コーチ 「とにかく長谷ビッシュ、ナイスピッチングでしたね」

先生  「完封された中でも打線でよかったところチラホラあったよな」
コーチ 「矢野ですよね」
先生  「せやねんよな。6番から始まるイニングで1人でも出塁して最低9番まで回したいイニングで」
コーチ 「矢野だけが出塁して9番まで回るってシーンはほんまに久し振りに見ました」
先生  「6番の葛城もしくはみっちゃん。あと8番の関本は、残り試合トータルで考えると、ある程度安定した出塁率が見込めるやん」
コーチ 「その通りやと思います」
先生  「で、ここに来てバードが今シーズン一番の絶好調期や」
コーチ 「6番からの攻撃で得点が取れる可能性がけっこう出てきたんですよね」
先生  「そこに矢野も加わってきた下位打線」
コーチ 「大量点も狙える強い下位打線です」
先生  「というのもやっぱり桜井がな」
コーチ 「超絶の不調ですね」
先生  「ハーフスイングの三振が二個あったもんな」
コーチ 「気持ちだけはしっかりあるんですけど、体が反応してくれなくなってるんでしょうね。打つべきボールをファールしてしまう。見送るべきボールを振ってしまう」
先生  「典型的なスランプや」
コーチ 「確かに」
先生  「だから、5番で切れることがしばらくは増えるかも知れん」
コーチ 「はい」
先生  「でもな、現時点で首位の位置におれていることは桜井なしには語ることができんのや」
コーチ 「もちろんです」
先生  「ここまで、大活躍してくれたぶん、これからは桜井を守るんや」
コーチ 「ですね。きっかけがつかめるまで、桜井が打てなくても矢野が打って勝つ。そういう試合ができれば、自ずと道は開けてくるはずや」
先生  「桜井が真の四番へ到達するまでの最初の大試練」
コーチ 「その試練を勝ちゲームの中でさせてあげよう」
先生  「これまで打てなかった矢野が繋いで、鳥谷やシーツの長打で大量点や」
コーチ 「悩める桜井に、『気にするな待ってるで』と言ってあげられたら」
先生  「結果的に久保田と球児も休める試合になる」
コーチ 「さぁ今までのぶん7番矢野が打ちまくるときやで」
先生  「今日は、勝ってほしい、勝ってほしいんやー!!!」

コーチ 「あ、先生」
先生  「なんや?」
コーチ 「鼻毛出てますよ」
先生  「吉兆やな」
コーチ 「なんでですか?」
先生  「ほな、帰るわ」
コーチ 「なんでですかー!!」


クリックでblogランキングへ

posted by コーチ at 10:36| Comment(4) | TrackBack(0) | □ 能見 篤史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。