2007年09月21日

対グライシンガー

先生  「さぁ、神宮や!」
コーチ 「いよいよですね」
先生  「ジャイアンツ三戦目のショックも一日空いたことで、なんとなく落ち着いたよな」
コーチ 「現場もそうやといいんですけどね」

先生  「で、グライシンガー」
コーチ 「初戦に来るみたいですね」
先生  「で、川島」
コーチ 「二戦目、みたいですね」
先生  「で、石井一久」
コーチ 「三戦目です」

先生  「なー!!!!!(頭、抱える)」
コーチ 「確かに『なー!!』です」
先生  「難しいローテーションと当たってしまったなぁ」
コーチ 「まぁでもそれは仕方ないことですからね、どのピッチャーであっても打つしかない」
先生  「でもな」
コーチ 「はい」
先生  「オレ、思うんやけどな。グライシンガーと川島の二試合ってもちろん打ちにいかなあかん、勝ちにいかなあかんのやけど、もし結果が出なかったときに、その敗戦を受け入れやすいというメリットはあるなぁと思うんや」
コーチ 「弱気な発言のようですけど、ぼくも賛成です」
先生  「対内海の試合で、相当リズムが崩れたんは確かやねん。それを慌てて戻そうとしてよりドツボにはまるほうが怖い」
コーチ 「確かにそうですよね。『データとか関係ない、気持ちや、絶対勝たな』ももちろん大事なんですけど、調子が悪くなった時に前のめりになることは、決していいことばかりではないと思いますもんね」
先生  「ということで、コーチ」
コーチ 「はい」
先生  「白熱の優勝争いやねんけども、やることは実はいつもと一緒で『野球』やん?」
コーチ 「そうですね、うん」
先生  「グライシンガーをふつうに攻略するには何をやったらええんや?」
コーチ 「そうですね。『ふつうに攻略しよう』って一生懸命やる、その上で攻略できたら勝てる、できなかったら負ける。今日の試合はそれでいいですよね。まず、『ふつうに打とうとすること』」
先生  「心を落ち着けて、自分のやってきたことを信じて、まずブンッと振る。そこからよな」
コーチ 「はい、そう思います」
先生  「ところで、早く質問に答えてほしいんやけど」

コーチ 「ああ、グライシンガー攻略の糸口ですよね」
先生  「せや」
コーチ 「もちろん、素晴らしいピッチャーやから、完璧に投げられたら全く打てないのも仕方ないという前提ですけどね」
先生  「おう」
コーチ 「直近の二試合でグライシンガー、それぞれ中日戦で4失点。横浜戦で5失点してます。しかも両方とも一イニングに4点取られてしまっている」
先生  「せやったせやった。特に中日戦は初回に井端から六連打で一気に決めたんやったよな」
コーチ 「でしたね。もちろん、それができれば言うことないですけど、初回と2回は焦ることないと思います。第一打席は対内海戦で崩れてしまったリズムを修正しようと一日かけてみんなやったと思うんで、それをしっかり表現すればいい」
先生  「なるほど、まず自分自身がしっかりせなな、自分のチーム状態を見極めること、その上でそれを受け入れてしっかり振ること、基本やもんな」
コーチ 「そうやと思います」
先生  「で、それを踏まえてどうしていったらいいんや?」
コーチ 「グライシンガーの対戦被打率がね、対右打者が.260 対左打者が.207なんですよ」
先生  「グライシンガーから見れば、左打者の方が抑えやすいんやなぁ」
コーチ 「データ的にはそうですね。たぶん、左バッターの膝元に来るチェンジアップが相当打ちづらいんやと思います」
先生  「右バッターやったらそのコースなんとかファールにできる可能性があるんかもな」
コーチ 「ですね。なので、対策ですが」
先生  「おう」
コーチ 「目標は三回ノックアウトです。グライシンガーの中に『最近、序盤に大量点取られてる』っていうのがあると思うんで、ひとまずそこをつきたい。心がグラグラ、グライシンガーになったら勝機も出ます」
先生  「グラグラグライシンガーな(笑)」
コーチ 「ほな、笑けるほど理想の青写真いきますよ(笑)」
先生  「笑けるほどいっとこ」
コーチ 「まず初回は鳥谷、赤星二人でインサイド低目のチェンジアップを『簡単に振りません、ぼくらは』という意識付けをしたい」
先生  「なるほど」
コーチ 「さらにそのことを念頭に置きつつもカウント1−0や1−1の場面で狙ってる球が来たら、思いっきり振っていきたいです。それで打ち損ねて凡打になっても構わないと思います」
先生  「まずは振ることやもんな」
コーチ 「願わくば赤星が出塁して1アウト1塁でシーツ。ここでのシーツが外の変化球を引っ掛けてボテボテのサードゴロを打ちます」
先生  「速い球を内野フライよりはいいなぁ」
コーチ 「序盤のシーツは最近打てませんからねぇ(笑)」
先生  「ということで、赤星が二塁へ進塁した」
コーチ 「2アウト2塁でアニキ。ここでアニキを警戒したスワローズバッテリーがフォアボールで、桜井」
先生  「調子も上がってきた桜井、期待できる」
コーチ 「際どいコースをファールで逃げる桜井。だけど、最後はインサイドのストレート、いい当たりで二遊間に飛ぶんですけど宮本が好プレーで、無得点」
先生  「リアルリアル」
コーチ 「2回は葛城も鳥谷、赤星と同じようにインサイドのチェンジアップ簡単に振りませんよアピールの中、ストレートに詰まってファーストゴロ」
先生  「うん」
コーチ 「矢野は頑張るけど三振」
先生  「うん、矢野は頑張ってくれたらそれでええ」
コーチ 「で、関本は前のグライシンガーとの対戦の時も相当粘れてるんですよね」
先生  「せやったせやった」
コーチ 「ということで、わりと簡単にストライクとって来ると思うんで、その球を関本がバチーンとレフト前」
先生  「9番まで回って安藤が三振、でええかな」
コーチ 「そんな感じやと思います」
先生  「で、勝負の三回や」
コーチ 「『インサイドのチェンジアップはなかなか振りません』を印象付けておければ、先頭の鳥谷は若いカウントで外の速いボールを中心に待てます。それをレフト線へカーンと2塁打」
先生  「来た来た」
コーチ 「赤星送らずに、フォアボールで出塁。これで、ノーアウト1塁2塁になります」
先生  「そして誰もがダブルプレーのことが気になるシーツは」
コーチ 「けっこうこういう場面になると打つかなと思うんですけど、速いストレート打ち上げてセンターフライ。凄く悔しがる」
先生  「ありそうありそう」
コーチ 「1アウト1塁2塁になって、アニキがライト前へ強い打球、微妙なタイミングも鳥谷が一気にホームまで帰って来て、ホームイン!」
先生  「アニキー!!!ってなるところやな(笑)」
コーチ 「で、1点取られてランナー1塁2塁、序盤の大量点が気になりだして、心がグラグラ、グライシンガーになってくれたところで」
先生  「桜井!!」
コーチ 「レフト線へ凄い当たり!!」
先生  「アニキが一気に大激走で一塁からホームイン!」
コーチ 「さらに葛城がレフト前へ!!」
先生  「桜井がホームイン」
コーチ 「これで4点。3回KOです(笑)」
先生  「ほんま笑けるけど、不可能ではないよな」
コーチ 「やと、思うんですけども。対グライシンガーって負けてる二試合、両方とも大差なんですよね。下柳先輩が乱調やった甲子園と、杉山がユウイチに満塁ホームラン打たれた神宮」
先生  「序盤競れたら、また違ってくるかも知れんしな」
コーチ 「安藤なら大丈夫でしょう!」

先生  「で、もしうまくいかなくても」
コーチ 「今日はグライシンガー凄かったで、終わらせればいい」
先生  「勝負はまだ先、とは言わないけど、今日で全てが決まるわけではないからな」
コーチ 「そう思います」

先生  「ほな、京浜遠征いっぱい勝って、マジック出ますように!!」
コーチ 「頑張れ、タイガース!!!!」


●クリックでblogランキングへ
posted by コーチ at 12:02| Comment(0) | TrackBack(6) | □ 桜井 広大 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。