2007年10月23日

友達の恋

通常は朝9時まで仕事なのだけど、今日は久し振りに朝7時まで。
2時間早く帰れるだけで随分違う。

気持ちがいいから遠回りして帰ってきた。店を右に出ず、左へ。

早朝の対向車のほとんどない道をブーンと。
自分で作った「泣ける系」の歌を歌おうと思って、歌う。
そして本当に泣いてしまうというとてもバカらしい運転をしながら帰宅。感動した。とても良い曲だった。

先日、ぼくとしては人生レベルで稀なことをやった。
人を叱った。
一応ぼくなりに正当な理由があるのだが、ぼくなりの正当な理由はとても複雑だ。けど、大事なことだとは思っているから叱った。苦手中の苦手なことなので、もう、必死。

昨日その子と会ったのだけど、しっかりとその重さを受け取ってくれたみたいで嬉しかった。自分なりに考えて前向きに行動しようとしてくれている部分が随所に見えてとても嬉しかった。うんうん、そうだそうだ、がんばれがんばれ。そういう時のぼくの表情はこの間よりも分かりやすかっただろうと思う。心地良い感情の表現はとても得意だ。たいてい目がなくなるくらいニコニコしてると思う。

明け方、携帯を見る。前の店からの付き合いの女の子が恋をしているのだけど、その子から長いメールが来ていた。とてもかわいく、面白く、性格も温厚で、頭もいいの子なので、良い恋愛ができて当然のように思うのだけど彼女の恋愛はいつも波乱含み。「アドバイスをください(笑)」という言葉でメールが終わっていたので、冗談っぽく終わってはいるけど相当に切実だろうから、仕事の終盤はパンを並べたり本を並べたり、あれこれ片付けたりしながらそのことについてずっと考えていたが、いい考えがなかなか浮かばなかった。

恋はでかい。
一人の人間が動かせる大きさのものではないと思う。
そのことを肌で感じて、それを母体に行動するメールの彼女と、
恋を人間がコントロールできる範囲で処理しようとする、
彼女が好きになった人。

問題の根源はこの辺りだとは思うのだけど、さてその溝をどう埋めればよいかというと、そこで行き詰まる。むつかしい。

というようなことを考えた後、ぼくはいつもと違う道をバイクで走って、自分の歌を歌って、泣いて、泣きながら歌って、運転していた。

という一日。
振り返ってみればよい日常だった。

木戸さんが入りましたね。
岡田色と木戸色が混ざるとどんな色になるのかまだ想像がつきませんが、鳥谷と桜井でダブルスチールするような色になるといいなぁとは思ってます。
posted by コーチ at 14:05| Comment(52) | TrackBack(6) | # 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。