2007年09月18日

井端に、代打。代わってショート森野。

昨日、もちろんぼくはタイガース戦の中継を見ていて、
下柳先輩の一挙手一投足に夢中になっていたのだけど、
パソコンの電源は入れて、神宮の経過も追っていた。

初回の5点ビハインドをスワローズが追い上げていったことにももちろん驚いたが、もっと驚いたのは井端に代打が出たことだった。
ネットの速報では事情が分からない。だけど「井端に代打」はただことではないということだけは分かった。

井端弘和選手。走攻守、どれをとっても超一流だ。メジャーリーグに対してそれほど見識がないので、迂闊なことは言えないが、日本球界に限って言えば、2位以下を大きく引き離してダントツに凄い遊撃手である。メジャーリーグに見識を持って「井端は世界一だ」と自信を持っていいたいとすら思う。藤川球児のストレートとともに、井端はぼくにとって日本球界の誇りだ。

もちろん、タイガースの鳥谷もいい選手だし、二岡、宮本、ソフトバンクの川崎やマリーンズの西岡、ライオンズ中島。プロ野球でショートを守れる人は誰であっても皆凄い。ただ井端はその中でも群を抜いた選手であると思う。

タイガースでは赤星に対してよく使われる形容だけれども「赤星がセンターを守っているだけで年間相当の失点を防いでいる」というような言い回し。無論、嘘はない。それはもちろん、タイムリーヒットを防ぐという意味あいだけではなく、局面局面で「ここで出塁を許すと一気に流れがいってしまう」という場面で、アウトにできるかできないかという際どいところをアウトにして、そのイニングを三者凡退で凌げたりだとかそういうことも含まれる。失点を未然に防ぐ守備だ。

タイガース戦に限っても、今まで何点井端に防がれてきたか分からない。「未然防御失点数」なんていう数字は計算しようもないけれど、もしそんなタイトルがあれば、もう何年も連続で井端がタイトルを取っていると思う。

さらに打撃面での「しつこさ」「いやらしさ」「思い切りのよさ」。井端は現在 
打率.288 本塁打4本 打点37(9月17日終了時点)

打撃三冠の数字はそれほどでもない。とにかく数字で表現できる選手ではないのだけど、表現できそうな数字を探してみると、

得点が74。これはセントラルリーグで6位の成績。
得点とはホームベースを踏んだ回数であるので、当然ホームランバッターがそのランキングの上位に来やすい。トップ10の中でホームランバッターではない選手は井端とあとは青木だけ。(その他は小笠原、村田、ウッズ、スンヨプ、新井、ラミレス、ガイエル、金本)
青木も「出塁する」という面では別格なので、この結果は頷けるけれど、井端の凄さは「以下の打者を打ちやすくする」言い方を代えると「流れを自分のチームに引き寄せる」とかそういう打撃により持ち味のある打者で、その参考になる数字が「カウント2−3時の四球数」
かなぁと。

純粋な四球王はテレビ中継の中でも散々取り上げられているけど、ウッズ。109個でこれはダントツ。(二位がガイエルで77個。余談になるけどガイエルはスペンサータイプだと思う。6番ガイエル7番福川8番宮出。この打順だと怖いけどなぁ)ちなみに3位が金本選手。
これは当然、「敬遠」「敬遠気味」のフォアボールも含むので、ホームランバッター。さらに言うと狭い球場がフランチャイズのホームランバッターに四球が増える傾向がある。あとは、ピッチャーの前の8番打者。これも敬遠が増えるので。

意外と健闘しているのが鳥谷で60個。これはタイガースではアニキに次ぐ数字でセリーグの7位。立派に一番やってるじゃん!
で、問題の井端はここでは53個で12位と意外と少なかったりする。

なのだけどカウントを2−3まで持っていってさらに四球で出塁する。井端をランナーに出すと得点が入りやすいことは分かっているので絶対に出したくないという場面で。バッテリーは絶対に歩かそうとは思わない。このカウントでの四球が37個で、セリーグ3位。1位はウッズとガイエルで44個。四球の合計が53個でそのうち2−3からが37個。投手は必死になってストライクを投げてきていることを想定すれば、どれほどファールを打っているかも見えてくる。タイガースではやはり赤星がこの率が非常に高く、総四球38個に対して、カウント2−3からが24個。もちろん赤星も凄いのだけど井端がやっぱり凄いのが二塁打34本。これはセリーグ2位。早いカウントでも甘く来たらバチーン!と打ってレフト線。何度もやられた記憶があります。井川の試合で(笑)

こうなんか、物凄く「がっくり」させられる出塁をするのが井端の素晴らしさの所以で。さらに今年は後半福留を欠いて打線における責任が非常に増し、打順もずっと打ってきた二番ではなく一番になっての成績。

井端がどれだけ凄いか、ってこのくらいでいいかな(笑)
いやね、自分の周りの阪神ファンや巨人ファンの人に「中日は井端のチームなんだ」と説明してもいまいち反応が薄いので。
打線の中でウッズを欠くことももちろん痛手だけど、中日は井端を欠くとウッズで得点できなくなる。


で、報道によれば、井端は首を痛めたらしい(デイリースポーツ)
記事によれば離脱ピンチとある。


もちろん、井端が出場できなければドラゴンズは大きな大きな戦力ダウンだ。防げたはずの失点あるだろうし、いたはずのランナーがいない。一番から始まる攻撃なのに簡単に3人で終わってしまう。ウッズが先頭のイニングが増える。昨日は森野が急遽ショートを守っていたが、不慣れなポジションが打撃に影響することもあるだろう。悪循環に陥る可能性は非常に高い。

福留も故障で離脱して、さらに井端となればこれはこんなに苦しいことはない。タイガースが球児とジェフを同時に欠いたようなもの。

複雑な気持ちだ。万全のドラゴンズを倒してこそ、という気持ちもどこかにはあるし、勝負にこういうことは付き物なので仕方のないことなのだろうという気持ちもある。ただ、一番に思うことは、

「故障をおして活躍する井端のいるドラゴンズ」

この一致団結ぶりによる果てしない怖さ。井端は怪我した時に活躍する。もちろん怪我の度合いにもよるだろうが、活躍するイメージがとてもある。奮い立たされたドラゴンズ。脅威なのだ。

このアクシデントがペナントレースに大きな影響を及ぼすことは間違いない。大きな結束を産み、ドラゴンズがさらに強さを増すか、若しくは大いなる戦力ダウンによりそのほころびを埋めきれないままシーズンを終了するか、そのどちらか。

甲子園での阪神巨人戦ももちろん重要だが、ひとまず、その結果が出るであろう21時から22時の間の約3時間前、神宮球場のスコアボードに「1番ショート井端」の名があるか、そしてその井端がどんなプレーをするか、非常に大きな一日となった。


●クリックでblogランキングへ

posted by コーチ at 16:48| Comment(9) | TrackBack(1) | ■ 中日ドラゴンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私もコーチさんと同じようにネットで
神宮の経過を見守ってました。
で、ふと気が付くと井端の名前がない!
これはよっぽどの事(><)
気になって仕方なかったです。
私は井端選手が大好きです。
鳥ちゃんには悪いけど井端が日本一のショートだと思ってます。
井端に打順が回るとすごくイヤだし
打球が二遊間・三遊間に行くとものすごくイヤ。
ウッズよりも怖い。そんくらい好きな(笑)選手。
井端選手の状態がどうか軽いものでありますように。

Posted by ちび at 2007年09月18日 17:59
お疲れさんッス。
そりゃコーチは気になりますよね、井端の途中交代。
ぼくも気になってたんで、早速中日のスタメン見に行きました。
ちょっと期待を込めて(笑)

大丈夫ッス、いつもとおんなじオーダーです(笑)
ちょっと楽できるかな・・・って思いましたけど、甘かったッス(笑)
Posted by akira at 2007年09月18日 17:59
コーチはん、やっぱり井端の話題にきましたね(笑)
自分は阪神戦の後、ヤクルト戦の中継観てましたが、
ショートが森野だったんでビックリしましたよ!
でも小さいのにタフな男ですね。
Posted by トラキチ at 2007年09月19日 01:34
ええっ!中日は井端のチームですよね?私もそう思っていました。井端の途中交代は私も心配で会社のドラファンに「井端、大丈夫?」って聞くと「大丈夫、井端ってけっこう大げさやねん。ちゃんと出れるって」って言ってました。さすが、ファン!よくわかっていらっしゃる(笑)

いよいよペナント大詰め、ここまで来たらいくしかないですよね!応援がんばります!
Posted by sorako at 2007年09月19日 08:19
>井端ってけっこう大げさやねん(拝借)
なーーんや、心配して損したわ(笑)
ちゃんと井端がいるチームを倒してから
優勝したいですもんね☆
Posted by ちび at 2007年09月19日 10:03
>ちびさん

こんにちは。コメントありがとうございます◎

雰囲気で察するところによると、赤星選手と同じ感じの「決して軽くはないけど、試合には出れないわけではない」という程度のケガのような気がしています。

赤星選手も昨日の帰塁際、相当首を痛そうにしてましたから、心配なのですが。

とにかく、出れるなら出れるで、井端のおる中日をやっつけて優勝したいですね!!
最後のドラゴンズ戦はそんな赤星vs井端の対決になって、ってそんな試合絶対面白いですね◎
Posted by コーチ at 2007年09月19日 11:54
>akiraさん

はい。とても気になっています◎
今も気になっています(笑)

ドラゴンズは本当に井端が活躍すると勝ちますもんね。なんていうのかな、走塁がうまいから、盗塁が多いからとかいう理由だけじゃなく、
「井端が打つと、点になる」
そういう流れ一人で作っていける選手なのだと思っています。
ケガしながら打ちまくる井端が怖くて仕方がないですよ〜◎
でも、ちょっと楽しみです!!
Posted by コーチ at 2007年09月19日 11:59
>トラキチさん

こんにちは。
井端選手、身長173センチでしたよね。
小柄なのに「非力」って感じは全くしないし。
昨日の中日は、ゲームはヤクルトの苦しいリリーフ陣を崩せず逃げ切られるというとても苦しい敗戦でしたね。映像を見てないのでなんともいえないですが、三打席凡退する井端のその「凡退」の中身が影響したのかも、とかそんなことを勘繰っています。
Posted by コーチ at 2007年09月19日 12:03
>sorakoさん

確かに試合出てましたね◎ 同僚の方、そのコメントぶりからそうとうコアなドラゴンズファンですねぇ。

そういう話だとシーズン序盤に聞かれてもないのに、周りの人たちに「今岡が大丈夫じゃない。今岡が大丈夫じゃない」って職場で言っていった覚えあります(笑)
「え? 打率けっこう高いやん?」と言ってくる他チームのファンの人に、「いやいやそんな問題やないねん。大丈夫やないねん」となぜか力説してました。

というようなのも今年の出来事なんですよね〜。。
ああ、ほんまに大詰めです。
うん、一緒に最後まで頑張りましょうね!
今日、またまた大一番◎
Posted by コーチ at 2007年09月19日 12:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/55963374

この記事へのトラックバック

松坂大輔投手(ボストン・レッドソックス)プレーオフ目前!
Excerpt: 松坂大輔投手、プレーオフで先発目前ですね!さて、松坂選手のチームが所属する地域シリーズの英語名は?
Weblog: 松坂大輔投手(ボストン・レッドソックス)を英字新聞・英文ニュースで追うブログサイト
Tracked: 2007-10-03 14:24
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。