2005年08月17日

久保田智之と藤川球児の友情万歳歌

先生  「よくやった久保田!!よくやった久保田!!」
コーチ 「ほんまエライです!!久保田がエライ!!」
先生  「コーチ、目ぇ瞑って想像してみ!!」
コーチ 「はい」
先生  「コーチは営業職の仕事なんです。自分の失敗で契約を不意にしたんです。しかも二件続けて」
コーチ 「うう、憂鬱です・・・」
先生  「夜眠れますか?」
コーチ 「眠れません」
先生  「ご飯はのどを通りますか?」
コーチ 「通りません」
先生  「でも周りはかばってくれるんです。今まで頑張ってきたんやから、こんなこともあるって」
コーチ 「あぁ!!泣きそうです」
先生  「そして、今日リベンジの商談訪れました」
コーチ 「プレッシャーです!!」
先生  「でも必死で頑張って、契約寸前までこぎつけました」
コーチ 「はい!!」
先生  「でもそこで、この間失敗したこと、その時かばってくれた仲間の顔、なぜかお母さんの声なんかが頭の中をグルグル回り始めます」
コーチ 「大変です!!」
先生  「でも、コーチは必死に落ち着きを取り戻して」
コーチ 「はい!!」
先生  「契約を取り付けました!!」
コーチ 「やったー!!!!」

先生  「二試合連続サヨナラ負け」
コーチ 「その後の登板」
先生  「こういうことやで」
コーチ 「ほんま、大変なことです」
先生  「久保田エライ!!!!ほんまによくやった!!!!」
コーチ 「簡単なことやないんですよね。だってあんなにかわいい顔で投げるピッチャーやから」
先生  「せやねんせやねん。感じやすい子やねん。いろいろいっぱい感じやすい子やから、ゲームセットのあとあんな顔で矢野先輩にヨシヨシしてもらえるんや」
コーチ 「ほんまによく頑張りました」
先生  「久保田えらい!!久保田えらい!!」
コーチ 「そして・・・」



“負の流れ”を、自ら断ち切った守護神。その前に九回をしのいだのは、同級生のセットアッパー藤川だ。二死一、二塁のピンチを招いたが、代打・古木を151キロで空振り三振。“6連投”となる今季61試合目を抑えた右腕は試合後「本当に負けなくてよかった。久保田も抑えたし。一戦一戦やっていくしかないから」と力をこめた。

サンスポ.comより引用




先生  「球児、優しい!!」
コーチ 「久保田も抑えたし!!久保田も抑えたし!!」
先生  「ええなぁ!!これやで!!これやでー!!」
コーチ 「ほんでまた…」



同級生として、虎の防波堤として…。互いに意識し、切磋琢磨する2人。久保田も「(サヨナラの後も)球児(藤川)にいろいろと声をかけてもらいました」と、感謝の言葉を口にした。ここに、延長十回を抑えた同じく“6連投”の左腕・ウィリアムスを加え、不動のトリオが、首位を走る猛虎を土台から支える。

サンスポ.comより引用




先生  「なんて二人は分かり合えてるんや!!」
コーチ 「球児にいろいろと声をかけてもらいました!!」
先生  「友情ってさ、友情ってさ・・・」
コーチ 「絶対大事です!!生きていくことの意味です!!」

先生  「もうだから、そんな二人に!!」
コーチ 「乾杯!!!!!」
先生  「大好き!!!!」

kubota816.jpg
智之君に先生から
一番よく頑張ったで賞をあげます
智之君、とてもえらかったよ




いっしょに乾杯大好きしてください◎ランキングへ◎
posted by コーチ at 07:33| Comment(0) | TrackBack(2) | □ 久保田 智之 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5973192

この記事へのトラックバック

延長12囘引き分け
Excerpt: 大阪ドームでの横濱戰。 阪神の先發は井川、横濱はエース・三浦。 井川は先週の讀賣戰での無樣なピッチングの汚名返上したいところ。 觀はじめたのは5囘表。 1−1の好ゲーム。 得點は4囘表に金城のソロ..
Weblog: 仙丈亭日乘
Tracked: 2005-08-17 08:18

あと一本が出なくて結局引き分け、テドさんお疲れさまです。
Excerpt: <8月16日大阪ドーム:観衆34,196:阪神8勝5敗3分> 横000 100 000 000 =1 神000 100 000 000 =1 [投手] (横浜)三浦−川村−木塚−加藤 (阪神)井川−藤..
Weblog: 阪神優勝、巨人最下位
Tracked: 2005-08-17 10:17
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。