2007年08月23日

代打満塁ホームラン翌日

第二戦圧勝。

前日の神宮初戦。
タイガースはペナントレースを闘っていくことにおいて、
何よりも大きな宝物を手にした。
それはとても優しい宝だ。

「桧山さんの満塁ホームラン」

これはぼくの勝手なイメージだけど、

打席に入る前に目を閉じる。
目を閉じて、思い出すのは桧山さんの満塁ホームランのシーンだ。
桧山さんは心をどの場所に置いて打席の中に立っていたか。
桧山さんが格闘していた巨大な憂鬱を、
それと真正面から対峙してバットを振り続けた真摯な姿を。
そして「なんとかしよう」と取り組み続けたことだけを背景に、
追い込まれてからのフォークボールを強く振りにいった勇気を。

そして、桧山さんの打球はバックスクリーンまで届いた。
桧山さんの安堵の表情を、みんなで祝福した。


目を開ける。

その時、たとえば桜井の心は「打つこと」において、最も適した場所に在ることができると思う。

「桧山さんのように振るだけだ」

レフトオーバーのホームランを打ちたい、という欲もなく、その欲がないのでその欲を打ち消そうと過度にミートを心がけることをする必要もなく、ただ投手の投げた球道に添って、自分の出せうる最も適した角度でバットを出していく。

桧山のメンタルが桜井へと入っていけば、
あんなホームランが二本も、その後にあんな右中間への打球が生まれる。

それが関本ならば、桧山と同じ距離くらいのホームランだった。
やっぱりアニキはもっと遠くまで飛ばした。
野口はやはり上園を上手に持ち上げて、
上園は最後まで投げきってみせた。

『闘志』と『達観』が絶妙のバランスで存在した昨日のタイガース。
ワイルドピッチでの加点も、スワローズバッテリーに重圧をかけ続けた結果。

残り37試合。プラス、プレーオフ。

相手だって真剣だ。全部昨日みたいにはいかない。
だけど、うまくいかなかったときこそ、
「桧山さんの満塁ホームラン」を思い出せばいい。


宝を手にしたチームは翌日、
その宝を輝かせた。
その光は優しく、穏やかな光。


ジャンも見てただろ? 満塁ホームラン。
あの場所で野球やってみようよ。
あの場所でやろうとしてみようよ。
監督、久保コーチ、矢野さん、みなさんゴメンナサイは言えましたか?
桧山さん、ありがとう。は言えましたか?
武内選手にもしっかり謝らなくちゃ。

繊細さゆえ、内面のコントロールができないならば、
答えは降板して間もなく桧山さんが見せてくれたよ。
人の気性は本当に本人の問題だけでないことが多い。
親や教師や友達や、小さな頃に触れた様々な経験が、人の内面を大きく構築していくことは間違いないと思う。
全部その人だけの責任じゃない。
だけど、それを人は受け入れて生きていかなきゃなんない。
幸せな人生を送りたいと思うなら、
それを受け入れて克服していかなきゃなんない。

ぼくの周りにも、昔深刻なイジメに遭っていた人もいるし、親の暴力のせいでうつ病に陥ったのに、現在親が背負った借金を返している人だっている。自殺未遂を経験した人も何人も知ってる。

それはみんな自分のせいでそうなったわけじゃない。他の理由の方が遥かに大きく結果、大人になってもその問題と対峙しなきゃなんない人たちばかり。だけどみんなそれはそれとして受け入れて、「自分のせいじゃないけど、自分のこと」と受け入れて、「幸せになりたい」って頑張ってるよ。人を信じることが分からなかった人が、「信じること」を獲得するために振り絞る勇気は圧倒的に素晴らしく自分を後押ししてくれる。

「桧山さんの満塁ホームラン」は、そういったたくさんのことを見事に昇華しきった人のみが体現できる、本当に美しいホームランだと思った。

その美しさを本当に受け入れきれたとき、
もう一度マウンドに戻ってきてください。

ジャン投手へ、
ぼくは、待ってます。


クリックでblogランキングへ
posted by コーチ at 12:56| Comment(0) | TrackBack(0) | □ ジャン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月04日

T believe you. そらそうや。

先生  「ジャンのボークの件やけどな」
コーチ 「はい」
先生  「スローで見ても、正直よう分からんのや」
コーチ 「あれを『ボーク』って言ってしまったら、他のピッチャーでもボークとらなあかんケースいっぱいありますもんね」
先生  「投げる前にちょっとだけ足とか肩とか動いてもうたりな」
コーチ 「で、いったん停止して、投げ始めたら」
先生  「ルール上はそれもボークや」
コーチ 「カープのベンチも、それほど気にしてなかったですし」
先生  「え? ボークなん? ラッキー、って感じや」
コーチ 「それやったら明らかな反則以外は取る必要ないですもんね」
先生  「なんか、審判が控え室かどっかで確認し合ってた風景が目に浮かんだんやけど」
コーチ 「あったでしょうね。『ジャンはボークあるんで気をつけましょう』みたいな」
先生  「ちょっと強めに言うと『オレがボークを見つけたった』みたいな、審判としてのイヤなエゴみたいなもんも見えた気がした」
コーチ 「サッカーの審判やったらそういうのに一定の罰みたいのがあるんですけどね」
先生  「イエローカード乱発して、試合をムチャクチャにしてしまったりとか、そういうことがはっきり『ダメなこと』とされてる」
コーチ 「やってる選手を審判がイライラさせたら、いいゲームにならないですもん」
先生  「だからな、ボークを指摘するんは問題ないと思うねんけどな」
コーチ 「はい」
先生  「あれだけ微妙やねんから、最初から一発でボーク言うてしまわんと『今の微妙でしたよ、次同じことやったらボーク取りますから気をつけてください、って注意をしておくべきやったと思う」
コーチ 「そうですね。そしたら反則を見てみぬふりするわけでなく、試合も荒れることがない」
先生  「それを、『はい、今やったー! ボーク!ボーク!おまえ、ボーク!』ってジャンならずともキレるで」
コーチ 「ですよね。ジャンにもそのつもりがなかったし、バッターの梵も全く気にすることなく打ちに行って打ち取られてました」
先生  「せやねん。でまぁ、たとえばテストの時にな」
コーチ 「はい」
先生  「普段ちょっと素行の悪いやつがおるとして、そいつがカンニングせぇへんか見張ってて」
コーチ 「ええ」
先生  「疑われてる本人は、ちょっと肩がこった感じになって、首をちょっと動かしたときに」
コーチ 「はい、今やったー! おまえやったー!」
先生  「そんな感じやねん。教師としては絶対にやってはいかん行為や。敢えて言うとカンニングするよりもやったらあかん」
コーチ 「そうですね。教師と審判の仕事は違いますけど、言われた方が『やってへんわ!!』って腹立つんは同じことですもんね」
先生  「昨日のケースに話戻すと」
コーチ 「はい」
先生  「ボークのコールでショートフライが取り消しになって、打ち直した梵に、ジャンはデッドボールを与えてしまう」
コーチ 「あれは完全にバランス崩してましたし、絶対にわざとではなかったです」
先生  「やけど、乱闘寸前や」
コーチ 「それを仕掛けた張本人が『審判』っていうのってねぇ」
先生  「あってはならんことやと思う」
コーチ 「ちょっと考えてほしい場面でしたね」

先生  「人は疑われるとあかんようになっていくんやと思う」
コーチ 「そうですよね、で、それについてちょっと思いついたんで、自分の話していいですか?」
先生  「おう」
コーチ 「ぼく、店移ったじゃないですか」
先生  「せやなぁ」
コーチ 「移った当時の今の店ってね、相当な金額のロスが出てたんですよ」
先生  「ロスっていうのはあれよな。簡単に言うと、どんだけ万引きされてるか、ってことやんな」
コーチ 「はい。『今まで発注した商品の合計』と『売上げ』プラス『現在、店内にある商品の合計』は、本来的にはイコールで当然なんですけど、まぁ、ゼロってことは考えられないもんなんですけどね、それにしても多かったわけです。たとえば煙草の部門で相当な金額のロスが出てたり」
先生  「煙草って、レジの中にあるもんな」
コーチ 「そうなんですよ。煙草でマイナスが出るのは、客の万引きではなく、ほぼ間違いなく内部犯行なんです」
先生  「で、どうしていったんや?」
コーチ 「本部の人間はね『だからもっと徹底的に管理せなあかん』みたいなことを言ってたんですけどね。当然それは違うわけで」
先生  「せやな」
コーチ 「それはその本部の人を批判することにもなってしまったんですけどね、大事なことやから自分を通しました。疑う前にまず信じたらなあかん。もし内部でそういうことがあったとしても、それはそれをやった子らが悪いんじゃない。その子らを疑った方の、その子らにイヤな思いをさせた大人の責任や、と。ぼくはまず信じます。おまえらはそんなことやる奴らじゃないって信じます。そしたらいつの間にかそんなことが問題じゃなかったようになるからまぁ、見といてください、と」
先生  「で、どうなったん?」
コーチ 「次の棚卸し(ロスの調査)の時、全体のも随分減りましたし、煙草はプラマイゼロでした」
先生  「そんなもんなんよな」
コーチ 「人なんて、いいようにも悪いようにもどっちにも転ぶもんやと思うんですよ。だから、まず信じてあげないと。親にも先生にも信じてもらえないまま大学生になってる子らが今いっぱいおるから、だから20歳からでも、ぼくが信じてあげることが、ほんの少しでも何かに繋がってくれたらなぁとは思ってるんです」
先生  「コーチ!!」
コーチ 「はい」
先生  「好き!!」
コーチ 「へへ、恥ずかしいですけど、嬉しいです」

先生  「なるほどなぁ」
コーチ 「でね、昨日のジャンなんですけどね」
先生  「せやった。ジャンの話やった」
コーチ 「ジャンは二回目のボーク以降、もう、四方八方から疑われてる気持ちで投げてたんやと思うんです」
先生  「せやな。実際そうやったような気がするし」
コーチ 「6回ウラ。ランナー二塁、代打森笠の場面で、いっぱいいっぱいやったジャンを監督は続投させました」
先生  「『続投』は『任せた』やからな」
コーチ 「『任せた』は『信じてるで』です」
先生  「度々、サードからシーツが声をかけてるのも良かったし」
コーチ 「『疑われても』『孤独じゃない』ってシーツは伝えたんですよ。言ってたことは『冷静になろう』とかそういう意味かもしれないけど」
先生  「結果的には、ジャンを孤独から救っていた」
コーチ 「そして、疑われ続けて消耗しきったジャンは」
先生  「『信じられること』の中でその投球を終えた」
コーチ 「抗議をした後、前夜に引き続き、監督はマウンドへ行った」
先生  「何て言ったかは知らんけど、ジャンにはこう聞こえたかな」
コーチ 「I believe you」


クリックでblogランキングへ
posted by コーチ at 05:44| Comment(2) | TrackBack(0) | □ ジャン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。