2007年09月05日

上園、絶対勝ち星つけてやるからな

同点で迎えた5回裏。
1アウトでの野口の打席、素晴らしかったなぁ。

「上園、絶対勝ち星つけてやるからな」

そんな気持ちが表情に満ち溢れてた。
そしてバットの先だったけど、センター前へ。

関本が送って、代打。
野口の中でシナリオができてた気がする。
そのシナリオに従って采配を振るう岡田監督。
選手が強いエネルギーを発するとき、それを汲み取って自然に動かすことに関して岡田監督は超一流。

「あそこは、バントでミツやろ」

というコメントがあるとすれば、
その後に続く言葉は、

「野口の背中がそう言ってたから」


上園のフォークボールを体で止めに行く姿、
ファンブルした時の反応の良さ。
キャッチャーフライを追う姿も、
アニキの好返球、タイミングはきわどかったが、掬い上げて瞬時にタッチ。同時にブロック。大ファインプレーだった。

三点目のレフト前ヒットも、もちろん素晴らしい。

今日のヒーローインタビューが少し歪だったのは、
鳥谷がドライだからでも、
みっちゃんが先日大感動のインタビューがあって二度目だったからでもない。

ヒーローが別にいたからだ。

野口寿浩。
上園に勝ち星までつけて、六連勝目を決めて見せた。

大ヒーローは5回の打席で燃えていた。
「上園、絶対勝ち星つけてやるからな」

クリックでblogランキングへ

posted by コーチ at 21:36| Comment(0) | TrackBack(2) | □ 野口 寿浩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月04日

野口ママ大奮闘

完璧なゲーム内容だった。
ベイスターズ戦、スワローズ戦。ともに落としていた第二戦のゲーム。
非の打ち所のない完勝劇。

今日のヒーローは、敢えて一人挙げるなら、
やはり野口。

桜井のあわやホームランの当たりで、林クンがまたまた好走塁の先制。その後の第一打席。ツーアウト二塁からの二点目となるタイムリー。そして、9番上園までまわす。

するとトップから始まる次の回、アンディのツーランで中押しの2点。

第二打席。4−0の場面。
7番濱中からの攻撃で、濱中か野口のいずれかが出塁して、
上園で送ってチャンスで鳥谷という場面を作ることが、
タイガースにきている流れをより強固にするイニングだった。
三者凡退でもまた次の回鳥谷からだから、それほど責任のない打席だったけど、特大の大ファールあり。(今岡が絶好時に見せる、インコースの難しい球を見事に捉えた大飛球)惜しくもファールだったけど、その後しぶとくセンター前に落とす。上園が送れず、このイニングに得点は入らないものの、一度もカープに流れをやらずに終わったこのゲーム。その重要な場面の一つだったように思う。

第三打席。6回。4−0の場面。
2アウトランナーなしで野口。
当然、上園まで回して7回を鳥谷からはじめたかった。
で、ここで上園まで回すことはもう一つ大きな意味があった。
6回ウラに仮に上園が乱れて、失点した場合、
「次の回ピッチャーからやし、もうちょっと上園を引っ張るかどうするか」とかそういうことを考える必要なく、迷わず交代できる。
結局、そういう場面は訪れなかったが、それはこの打席で野口がまたまたヒットを放ち、上園まで回したことも関係したような気がした。

3安打猛打賞。
非常に内容のある猛打賞だった。

結果的に7回にアニキのホームランが出てダメを押している。

ただ、野口がヒーローなのは打撃面も去ることながら、リード面の素晴らしさ。

象徴的だったのは、まだ4点差だった6回ウラ。ピンチを迎えた上園が一度マウンドを外して一呼吸入れたシーンがあった。その時野口が上園に合わせるようにスッと立ち上がったのだ。この時の間が、何というか、赤ちゃんを見ているお母さんが赤ちゃんの微妙な動きを察知して、スッと顔を近づけていくような、そんな反応に見えた。
もう、上園がかわいくて仕方ないのだろう、と思わせる野口の振る舞い。

勝ち気な上園の長所を見事に引き出す、待ってても打てない135kmのストレートを中心とした配球。しかし、単調にならない絶妙なバランス。

6回ウラの大ピンチで新井を三振に打ち取ったときの強くて大きなガッツポーズは、野口のこの試合にかける思いを、上園にかける思いを非常に良くあらわしていたように思う。

今年中に、甲子園で。

「放送席、放送席、今日のヒーローはもちろんこの人、野口寿浩選手です!!」

見たいな〜。

仕事いってきます◎
今日は書きたいこと山ほどあるから、帰ってから書けるだけ書くぞ!


コーチ

クリックでblogランキングへ

posted by コーチ at 21:36| Comment(2) | TrackBack(3) | □ 野口 寿浩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月28日

一年生エース上園と三年生捕手野口

先生  「昨日は上園もよう投げたな」
コーチ 「ほんま高校野球見てるみたいでした」
先生  「『三年生の野口先輩に育ててもらった恩返しを絶対するんだ!』みたいな、な(笑)」
コーチ 「1年生エースなんですよね(笑)」
先生  「県大会の予選で準々決勝くらいかな? 相手は私学の強豪校、プロ注目のエース三浦は今大会連続無失点を続けている、みたいなシチュエーションで」
コーチ 「ボールのキレとコントロールで勝負する似たタイプの投手なんやけど、技術はやはり、一枚も二枚も三浦が上って感じで」
先生  「もうそこで対等に投げ合おうと思ったら、それこそ『気持ち』しかないんよな」
コーチ 「そして、『気持ち』で投げあったんですよ、上園は」
先生  「三回、大ピンチで村田やったよな」
コーチ 「1点は仕方ないと思いました」
先生  「やけど、上園はその村田を渾身のフォークボールで三振に取るんや」
コーチ 「しかし、野口先輩がそれを後逸」
先生  「『しまった!』瞬時にボールを追う野口先輩と、ベースカバーへダッシュする上園」
コーチ 「ランナーはトップバッターの仁志、足は決して遅くはない」
先生  「タイミングはセーフやったよな」
コーチ 「それを上園が体を張ってブロック」
先生  「『上園―!』『はいっ!』って声が聞こえてきそうやったわ」
コーチ 「野口、ええ顔してましたね」
先生  「結果、先制点を許さない大ファインプレーになった」
コーチ 「上園はアウトにすることしか考えてなかったですもんね。ケガしたらどうしよ、とかそういうのが一切頭になかった」
先生  「だからアウトにできたし、かえってそっちのほうがケガせんのかも知れん」
コーチ 「センター前に抜ける当たりを足で止めてアウトにしたのもありましたしね」
先生  「ええピッチャーやなぁ、ほんま」
コーチ 「野口と上園の信頼関係が呼んだ、5回無失点。素晴らしい内容でした」
先生  「同点で降板したけど、勝ち星も上園についたしな」
コーチ 「いいように流れすぎてて怖いくらいですね」
先生  「あと、野口と言えば、野口が一塁ランナーの時に、関本がセンター前にヒット打って、当然のように三塁まで走って行ったやん」
コーチ 「速かったですよね」
先生  「物凄い躍動しているように見えた」
コーチ 「その野口と、大復活を遂げた矢野、そしてワンダーボーイ狩野」
先生  「なんて強い三枚なんや!!」
コーチ 「そして、気持ちを全面に出した投球を見せる『若下柳』上園」
先生  「右の柱になっていってほしい」
コーチ 「ナイスバッテリーに」
先生  「乾杯!!」

クリックでblogランキングへ

posted by コーチ at 05:48| Comment(0) | TrackBack(12) | □ 野口 寿浩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。