2005年09月18日

代打片岡、3番片岡、8番片岡

注目の3番ファーストは片岡だった。

相手投手が右のゴンザレスということでアツの起用なのだろう。
選手の格、アツの気持ちも考慮して、関本と併用ということか。
それならばそれで、アツに期待したい。

試合後のアツのコメント。


「力を抜こうと思っていたけど、どうしても力が入ってしまった」


「与えられた仕事をしっかりこなす」
口先だけでなく、心の底からそう思って頑張ってきた証でもある。
アツは「代打の切り札」を心から受け入れ、「代打」と真正面から向き合ってきたのだろう。

常時スタメンで出場していた頃とは、明らかにスイングが違う。
空振りもファールも含めた一つ一つのスイングに込められる、
体も気持ちも含めた全ての力が増している感じを受ける。

しかし、ふってわいたように求められた
「3番ファースト」の仕事。

「3番ファースト」の意味は、当然「4番金本の前の打者」であり、「5番今岡の前の前の打者」。その意。

無論、繋ぎ役。

「決める役」「突破口を開く役」
その切り札としての責務を果たしてきたアツ。

「決める者」から「繋ぐ者」へ。
この切り替えはどうしようもなく難しい切り替えだろうと思う。
数試合やそこらで、どうこうなるものなのだろうか・・・

アツを使ったのならば、思い切ってアツを使い続けるのも一考かと。
左投手の時ならば、3番セカンド関本。8番ファースト片岡。
こういうのもアリかなぁ?

片岡の8番という打順は、
打順の格を重視する「清原的なメンタリティ」の持ち主ならば怒るだろう。
ただ、代打のメンタルが強く浸透している現在。

6番スペンサー、8球投げさせてフォアボール。
7番矢野、7球投げさせてライト前ヒット。
その後、8番ファーストアツ片岡。

「代打片岡」とほど近い状態での打席。
1試合のうちに1度はチャンスで回ってくることがあるだろうから、
「その場面で打ってくれたらいいよ」
という比較的、ラクな期待。
あとの打席は、思いっきり振って、打ったり打てなかったりでかまわない。
もう、8番片岡、存在感だけで十分。

「金本と今岡の前」よりも、「スペンサーと矢野の後」の方が、
現在のアツは活きる。

そんなことをアツの打席を見ながら、考えていた。

ただ、こういう2段階の入れ替えは、交流戦を除けばほとんどしていない。
ので、そこから派生する目に見えない歯車の狂いが生じた場合怖いので、
とりあえずは、ゲームで試してみよう(笑)

おそらく、今日は代打のアツ。
今年一年、たくさん見せてくれた代打での活躍。
期待して、見守りたい。

泣かせる代打アツ片岡、この秋にもう一度泣かせてくれ!!の思いをクリックに◎ blogランキングへ



posted by コーチ at 04:11| Comment(2) | TrackBack(5) | □ 片岡 篤史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月19日

秀太に見る、守備固め要員としての最高のパフォーマンス

先生  「アツー!!アツー!!アツー!!カ!タ!オ!カ!アツー!!アツー!!アツー!!カ!タ!オ!カ!」
コーチ 「いや、先生ね、その嬉しさを手旗信号で表現するっていうのは、いまいち一般的じゃないですよ」
先生  「うそ!!」
コーチ 「うそちゃいます。誰もそんな喜び方しません」
先生  「いやでもな、旗がババッ!って音してな、喜んでる気持ちがどんどん増えていくんやで」
コーチ 「まぁそうかもしれないですけど・・・」
先生  「まぁええがな、コーチもやってみ!!」
コーチ 「え?」
先生  「ほら!!」
コーチ 「は、はぁ」
先生  「せーの!!」
コーチ 「アツー!!アツー!!アツー!!カ!タ!オ!カ!」
先生  「な!!」
コーチ 「ほんまや!!むっちゃ気持ちええ!!」
先生  「ほな次」
コーチ 「え?まだやるんですか?」
先生  「当たり前や!!」

20分後

先生  「ダーウィン!!ダーウィン!!ダ!ア!ウィ!ン!」
コーチ 「もう、いい加減にしましょう」
先生  「せやな、ベンチ入りしてる人、全部終わったしな」
コーチ 「正直、ちょっと帰りたいです」
先生  「まぁええやないか、アツのホームラン感激したやろ?」
コーチ 「そうですね。こう、状況を切り裂くっていうか、まさにそんな感じでした」
先生  「泣かせる、アツはほんま泣かせる」
コーチ 「そういう代打になってくれましたね」
先生  「以前さぁ、アツにはカズ山本みたいな選手になってほしいって話したやん」
コーチ 「はい、しましたしました。カズ山本にちなんで、アツ片岡ですからね」
先生  「ほんまにそうなってきたよなぁ」
コーチ 「そうですねぇ。ぼくなんか代打アツのコールが告げられたときの球場の空気だけでもう泣いてましたもん」
先生  「アツはみんなに愛されてるなぁ」
コーチ 「ほんまにそうです」
先生  「ほんま、このまま泣かせる代打で、息の長い選手になってほしいな」
コーチ 「ぼくもそう思います」
先生  「ほんで、そのアツをや」
コーチ 「はい」
先生  「ベンチに引っ込めたのは、どうやったかって話やねんけど」
コーチ 「今岡、大不振ですからね。変えてもよかったって意見が出るのは当然やと思います」
先生  「でも、岡田監督はホームランを打ったアツは引っ込めて、秀太をサードに入れた」
コーチ 「そうでした」
先生  「あれはあれでよかったって思います」
コーチ 「賛否両論あるでしょうけども」
先生  「負けてたら、むっちゃ叩かれてるようなポイントではあるよな」
コーチ 「でも、秀太に交代っていう選択はベストやったと思います」
先生  「残り試合をしっかり戦っていくにあたって、選手会長もアツも絶対に外せない選手やからな」
コーチ 「あそこで、アツをそのままサードに入れると」
先生  「選手会長の調子がさらに狂う可能性が高い」
コーチ 「今岡は繊細な人ですからね」
先生  「もっと頑張らな、もっと頑張らなって思えば思うほど」
コーチ 「より深みにはまっていく感じ」
先生  「プロやったらしっかりせぇ!!っていうのは、今岡の性質を考えたら逆効果やからな」
コーチ 「その通りですよね。優勝するために今岡の打撃は絶対に必要で、じゃあ今岡が調子を取り戻せるようにするためのベストの選択は」
先生  「優しいこと」
コーチ 「だから、アツを残さなかった」
先生  「逆に、そのまま今岡をサードに入れてたら、今岡にチャンスが回ってきたとき、大変な思いしてバッターボックスはいらなあかんし」
コーチ 「アツだって、もし自分やったらって思ってしまう」
先生  「ほかのチームメイトだって、片岡さんの方がよかったんやないやろうか?って思ってまうとな」
コーチ 「チームのバランスが崩れますしね」
先生  「その点、秀太に変えて、チャンスで回ってきたら代打っていうスタンスは」
コーチ 「もっともリスクが少ない」
先生  「憂鬱な出来事が、自然と浄化されていくって感じやでな」
コーチ 「そうですね」
先生  「非常に難しい状況やった。でも今後のことも考えて、チームが勝っていくために」
コーチ 「今岡も片岡も立てた」
先生  「二人を守るために秀太」
コーチ 「最高の守備固めです!!」
先生  「ほんでその秀太は、サヨナラの場面で、あんなにも喜んでるもんな」
コーチ 「誰よりも早く矢野のとこへいってジャンプしてました」
先生  「やっぱりええチームやで」
コーチ 「ほんまに、そない思います」
先生  「ほな改めて」
コーチ 「はい」
先生  「泣かせる代打アツ片岡の同点ホームランと」
コーチ 「アツと今岡を守った、岡田采配」
先生  「そして、その役目を喜んで受け入れた秀太に」
コーチ 「乾杯!!!!」

shuta819.jpg
秀太が守ったものは
数イニングのサードのポジションだけではない。
もっと大きな、大きな優勝に関わる重大な事柄を彼は守った。
『チームバランスの守備固め』
凄いよ、秀太

一緒に乾杯してください◎ランキングへ◎
posted by コーチ at 07:47| Comment(6) | TrackBack(10) | □ 片岡 篤史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月13日

片岡篤史が向かうべき場所

先生 「あー!!強い!!もうあかん!!」
コーチ「先生、落ち着いてください」
先生 「あかんオレもう、片岡になる」
コーチ「先生、片岡に感動したから言うて、片岡になったらあきまへん」
先生 「片岡ー!!片岡ー!!片岡ー!!」
コーチ「先生、銭湯で叫ばんといて下さい。響くでしょ。ほら他の人こっちみてますやん。すんません。ほんますんません」
先生 「番台立ちてー!!」
コーチ「それ、片岡関係ないでしょ」

(風呂上り、コーヒー牛乳を飲みながら)
先生 「せやけど片岡には感動したな〜」
コーチ「本人も言うてましたけど、あんなガッツポーズ見たことないですからね」
先生 「片岡のプロ野球人生三大名場面の一つやな」
コーチ「あと二つは何です?」
先生 「一つ目はな」
コーチ「はい」
先生 「日本ハム時代に、新人やった松坂の高目の物凄いストレートを物凄い空振りしたシーンや」
コーチ「なるほど、あれは目に焼きついて離れませんなぁ。むっちゃかっこいい三振でした。ほなもう一つは?」
先生 「応援歌を変えてくださいっ、ていうお願いをした日や」
コーチ「いや、もっとほかにあるでしょ」
先生 「いやいや、あんなこと前代未聞やったやろ?」
コーチ「まぁ、そうですけど。絶対他にありますわ」
先生 「せやけどコーチな」
コーチ「はい」
先生 「オレな、正直、片岡はもう一花咲かせることなく引退してしまうんかって、ちょっと思ってたんや」
コーチ「あ、それぼくもそうですわ」
先生 「でもな、昨日のヒーローインタビュー見とってな」
コーチ「はい」
先生 「片岡の進んでいくべき道が見えた気がする」
コーチ「と、言いますと」
先生 「もうけっこう前になるけどな、オールスターや」
コーチ「はい」
先生 「カズ山本がMVPとって、お立ち台で泣いてた試合あったやろ?」
コーチ「あ、ありましたね。決勝ホームラン打ったんですよね」
先生 「あれやわ」
コーチ「確かに」
先生 「片岡にはカズ山本みたいな選手になってほしい」
コーチ「分かりますわ。今のチームにもむっちゃマッチしますしね」
先生 「せやねん。今のチームにホームランバッターは必要ないねん」
コーチ「でも、カズ山本みたいな存在がおったらより強くなる」
先生 「せやねん。カブレラよりも、カズ山本がほしいんや」
コーチ「分かりますわ」
先生 「そしたら、おったんや。アツ片岡」
コーチ「無理から、名前似せんでもええですけどね」
先生 「この間も話したけどな」
コーチ「はい」
先生 「“さすが”と“よくやった”の話
コーチ「はいはい、してましたね」
先生 「カズ山本はな、“さすが”でも“よくやった”でもないねん」
コーチ「じゃあ、なんなんですか?」
先生 「“泣かせるねぇ”や」
コーチ「泣かせるねぇカズ山本。あ、しっくりきますわ」
先生 「泣かせるねぇアツ片岡」
コーチ「いい感じです」
先生 「ゲームの終盤に、泣かせる左の代打がおるチーム」
コーチ「ほんま今の阪神、試合ごとに強なっていきますね」
先生 「2対3、9回表、1点負けてんねん。ピッチャー小林雅や」
コーチ「あ、日本シリーズですか?ロッテが出てきてるんですね」
先生 「せや。3勝3敗。勝ったほうが日本一や」
コーチ「緊迫の場面ですわ」
先生 「あと一人で、また日本一になられへん。そこで7番矢野が三遊間をぬくヒットや」
コーチ「さすが、矢野ですね」
先生 「ほんでつづいて藤本が、初球を詰まりながらもセンター前やねん」
コーチ「よくやった、藤本!」
先生 「ツーアウト1塁2塁。バッターは9番藤川」
コーチ「はい」
先生 「岡田監督がベンチから出てくるわ」
コーチ「はい!」
先生 「マリンスタジアムが静まり返るわ」
コーチ「はい、みんな待ってるんですね!」
先生 「せや、あの名前がコールされるのを待ってるねん!」
コーチ「はい!」
先生 「阪神タイガース、選手の交代をお知らせします。バッター、藤川に代わりまして、アツ片岡〜ピンチヒッターアツ片岡〜、背番号8」
コーチ「たまりませんなぁ!」
先生 「もう、泣かせるやろ?アツが出てきただけで、泣いてまうやろ?」
コーチ「アツって呼んでるの、先生だけですけどね」
先生 「泣いてまうんや。もう、それだけで十分なんや」
コーチ「で、試合はどうなりますの?」
先生 「カウントはツースリーや」
コーチ「はい」
先生 「小林雅、アツの膝元に渾身のスライダー」
コーチ「やばい!」
先生 「右中間まっぷたつや!!」
コーチ「大逆転ですやん!!」
先生 「4対3、アツの逆転タイムリーで1点リードや」
コーチ「さぁ、9回裏」
先生 「9回裏は久保田や!久保田ニコニコしてるねん」
コーチ「かわいいですなぁ・・・」
先生 「でもな!」
コーチ「はい!」
先生 「久保田、胴上げ投手やねん!」
コーチ「もう、あきませんわ。ぼく、泣けてきました」
先生 「ほんで、ベンチから全力で走ってきたアツ片岡を見つけてな」
コーチ「はい」
先生 「矢野が抱きつきにいくんや!」
コーチ「あぁぁ!!」

先生 「秋が待ち遠しいなぁ」
コーチ「ほんまに」
先生 「これが現実になったらええなぁ」
コーチ「でも可能性は、むっちゃ高いです。登録名がアツ片岡にはならないでしょうけど」
先生 「せやけど、昨日はほんまに片岡ありがとうやな!感動をありがとう!」
コーチ「そしたら、改めて、“さすが”でも“よくやった”でもない」
先生 「“泣かせるねぇ”アツ片岡に」
コーチ「乾杯!!」


top.jpg


一緒に乾杯して下さい!! クリックで乾杯!!→人気blogランキング
posted by コーチ at 07:40| Comment(13) | TrackBack(25) | □ 片岡 篤史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。