2007年09月18日

雨なんか、どうでもいいから

先生  「途中、豪雨やったやん?」
コーチ 「阿部の打席の時、急に強くなったんですよね」
先生  「その中で、下柳先輩は全く雨のことを気にしてないように見えたんや」
コーチ 「阿部の方が打ちずらそうに何度かタイムかけて」
先生  「あんだけ雨降ったら、それがふつうやと思う」
コーチ 「ほんまに土砂降りでしたもんね」
先生  「『いいから、矢野。サインをくれ。オレは投げなきゃ。オレは抑えなきゃ。雨なんかいいから、そんなのいいから』そんな風な表情に見えたんや」
コーチ 「わかります」
先生  「そんな顔、他の場所でも見たことあるなぁって思ってん」
コーチ 「どこでした?」
先生  「『明日のジョー』や。ジョーも力石もカーロスもホセ・メンドーサも極限状態に入ったらああいう顔になるねん」
コーチ 「力石がジョーと対戦するために階級下げようと過酷な減量をしてるときとか、そういう顔でしたもんね」
先生  「下柳先輩はな」
コーチ 「はい」
先生  「不安や憤りや喜びを外側にぶっ飛ばして投球するピッチャーやないやん」
コーチ 「そうですね。むしろその感情全てをそのまま自身の中へ受け入れて、そのエネルギーを投球へかえていく」
先生  「前回の登板は東京ドームで、3回降板3失点。外から見てたら十分と思えた内容やったけど、本人はもちろん悔しかったことやろうな」
コーチ 「ですね」
先生  「加えて後半戦の快進撃の中で、自身はなかなか波に乗れない中、だけど大事な試合の先発は必ず下柳先輩なんや」
コーチ 「先発投手の中に『エース不在』はもう、当たり前みたいになっていますけど、中心はどう考えても下柳先輩でしたもんね」
先生  「この一週間、その悔しさ全部をきっと受け入れきったんやと思う」
コーチ 「そしてマウンドに立った」
先生  「不安や悔しさぶっ飛ばしてもあの顔にはなられへんと思うねん」
コーチ 「はい」
先生  「自分の中に受け入れきったからこそ、あの場所から投球できる」
コーチ 「あれこそ」
先生  「本当に強い、ということやと思う」
コーチ 「確かに」
先生  「あんな顔してる人の球はよっぽどのことがないと打たれへんで」
コーチ 「奥さんがその日に金メダル取る、ってよっぽどのこと過ぎますもんね」
先生  「昨日、唯一下柳先輩と正面から対峙できる状態の選手は谷しかおらんかった」
コーチ 「ほんま、そうでした」
先生  「打席でも木佐貫からヒット打つしな」
コーチ 「もう、ずーっと集中状態やったんでしょうね」
先生  「テレビで掛布さんがなるほどなぁ、っていうこと言ってたんや」
コーチ 「『ジャイアンツ打線は低目の変化球に意識があるから、敢えて高目のボールゾーンで勝負しにいっている』ってやつですよね」
先生  「せや。その対策は十二分に功を奏していた」
コーチ 「ですね。矢野のナイスリードでした」
先生  「さらに下柳先輩がほんまに投げミスせえへん」
コーチ 「ほんまに素晴らしいピッチングでした」
先生  「正真正銘、大正直者にしかできんピッチングやったもんな」
コーチ 「雨なんか、どうでもいいから」
先生  「やばい、泣きそう」
コーチ 「でね」
先生  「うん」
コーチ 「ぼくもピッチャーやってた頃のこと思い出したんですよ」
先生  「おう」
コーチ 「雨上がりのマウンドって、妙に空気が澄んでて、すごく土の匂いがするんです」
先生  「ああ、わかる」
コーチ 「全部を受け入れて集中状態に入った下柳先輩やからね」
先生  「おう」
コーチ 「土の匂いも一身に感じて『ああ、甲子園におるんや!』って、踏み出したスパイクが『ザクッ』って土に刺さる音を聴いて」
先生  「『オレが抑えるんやー!!!!!!』ってな」
コーチ 「赤星がヒーローインタビューで『楽しくてしょうがない』ってね」
先生  「うん、言ってた」
コーチ 「楽しいことがあっても『楽しい』を感じることができなきゃそれは『楽しい』じゃない」
先生  「その通りや」
コーチ 「その中で下柳先輩は、最も『楽しい』を感じることができる状態で投球をしてたと思います」
先生  「矢吹ジョーとジョーのライバルたちは、極限状態で殴りあう過程でほんまのほんまの『友情』を掴んでいったんやもんな」
コーチ 「本来的な感情を手にするために、下柳先輩が見せてくれたこと」
先生  「あの場所にこそ、『本当の楽しい』があると思った」
コーチ 「赤星もそれに引っ張られるように、あんだけ牽制されてスタート切って」
先生  「止めたバットに当たった打球がスタート切っていた勇気によって決勝打になった」
コーチ 「下柳−矢野のバッテリーの本当に凄いところは、もちろんテクニックもそうなんですけども、あれだけのキャリアを積んでる大ベテランなのに結局『勝ちたい、抑えたい』で投げ切るところやと思うんです」
先生  「だから今日は、一夜明けてもなんだかボンヤリしていて」
コーチ 「まるで雨上がりのグラウンドにいるように、清清しいんでしょうね」
先生  「ということで」
コーチ 「はい」
先生  「下柳先輩、大大大ナイスピッチング!!!!」
コーチ 「勝てたらいいなぁ、と思ってました」
先生  「懐かしいなぁ(笑)」

●2005年9月22日「勝てたらいいなぁ、と思ってました」

●クリックでblogランキングへ

posted by コーチ at 11:50| Comment(2) | TrackBack(1) | □ 下柳 剛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月07日

下柳先輩 愛の詩

コーチです。
一日飛ばしてしまってすみません。
仕事忙しくなっちゃって、帰ってきて寝て、起きて仕事。
みたいな暮らしでした。
日本シリーズのときはなんとしても休むぞ!!

なので一日遅れですが、あのシーンを思い出すと本当に感動してしまいます。
サヨナラホームラン直後。

「感動する」ってあまりに言葉が凡庸で、もっと他の表現を探したくもなるんですが、

「感動した」

シンプルなこの言葉こそ、あのシーンの前では正解の気がします。


下柳先輩。

なぜ先輩と呼んでいたかといえば、それはうちの奥さんがそう呼んでいたからなのですが、
こうして下柳先輩のマウンドを毎回見ていると、
すごく「先輩」という名がしっくりときます。

感情豊かな、心がジブリな37歳下柳先輩。

悔しい時には、それはそれは悔しさが溢れ、



shimoyanagi91.jpg



嬉しい時には、それはそれは嬉しさが溢れる。



shimosenpai105.jpg



そんな「先輩」の後輩でいたい。
それは全ての人にとっての願いなのかも知れません。

15勝3敗。史上、最年長での最多勝。

そんな、数字に表れる、物凄い金字塔を打ち立てた先輩は、
数字に表れない、もっと大きなものをチームにもたらした。


日本一になったら、またあんな顔が見れるんだろうか?

見たい。もう一度。いや、何度でも。
だから、日本一に。

あんな顔を見て暮らしたぼくらは、いつしかあんな顔ができるだろうか。

できるようになりたい。

たくさんの気持ちを爆発させて、
たくさんの気持ちのまま、毎日を送る。

そのことが「先輩」への一番の近道。


下柳先輩のマウンド。
そして、その投球。
左腕から投げ込まれる、そのボールは、
ぼくたちに向けられた、愛の詩だ。

ありがとう。
ありがとう。
ありがとう。

その表情で、ぼくはとても元気になれるんだ。



クリックでblogランキングへ◎だいぶ下がりました・・・さてどこまで下がるか(笑)
posted by コーチ at 10:36| Comment(5) | TrackBack(5) | □ 下柳 剛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月22日

「勝てたらいいなぁ、と思ってました」

「勝てたらいいなぁ、と思ってました」
そう言った下柳先輩のお立ち台。

大好きな下柳先輩を、より大好きになった、ヒーローインタビュー。

彼は、本当に心のキレイな人なのだと思う。
心がジブリだ。

下柳先輩はなんだかジブリの映画が似合う。
主人公の女の子が毎日通っている、骨董品屋の主人役みたいな感じ。
ヒゲで左利きの、優しい主人。骨董品屋の隅で、いつもルーペを覗いているみたいな。
そして、大きな犬を飼っている(笑)


「恥ずかしい」という美徳。
そういうものが、まだしっかり残っていて嬉しい。

「熱い男」が横行する世間。
その思いが強く溢れた結果、「熱い」のならば何も問題ないが、
「熱い男」を演じるために、適当な「それっぽい思い」を選んで並べている。
「熱い」ありきの「熱い男」。
順番が逆な「ニセ熱い」。

下柳先輩は、そんな「ニセ熱い」とは真逆に位置する、「心ジブリ左腕」。

でも、そんなジブリな自分の内面を、そのまま表現するのは、恥ずかしい。
だけども、恥ずかしいからといって、その思いに色をつけて、
表現しやすいような形に変えるのは、もっと恥ずかしい。
そんなことをしている自分が恥ずかしい。

「きっとこんな風に言えば甲子園は盛り上がるのだろう」
下柳先輩は、間違いなく、模範解答を知っている。
でも、その模範解答を言葉にして、声援を受ける自分が恥ずかしい。

だから、ヒーローインタビューは苦手。

ただ、その場所に立ってしまったからには、
自分の抱えている「思い」を、忠実に伝えたい。
できるだけ恥ずかしくない形で、忠実に。

「勝てたらいいなぁ、と思ってました」


6回表、ワンアウト1塁3塁。
マウンドに、下柳先輩。
打席にウッズ。
スコアは3−0。3点差。
一発出れば、同点の場面。

岡田監督は、球児の投入も考えたのだそうだ。
しかし、久保コーチが制止。
「ウッズは左投手のほうが、打球が上がらない」
監督も納得。
そして、マウンドの下柳先輩に、一任。

一任された下柳先輩。
矢野のサインは、「膝元に思いっきりこい」

うなずく、先輩。

絶対、抑える。絶対、抑える。膝元に向かって、とにかく全力で。
矢野のサインを信じて、自分の球を信じて。
絶対、打ち取る。絶対、今日勝つ。
勝ちたい、勝ちたい、勝ちたい。
優勝したい。優勝したいやろ。
だから、矢野のミットに向かって、思いっきり投げるだけや。
“前後裁断”
ピンチになってることはもうしゃーない。
打席がウッズなんもしゃーない。
今、自分ができることは、膝元に向かって全力で投げ込むことだけ。
勝ちたい、勝ちたい、勝ちたい。
ウォォォォー!!!!!

投げ込まれたボール。膝元へ。
しかしウッズのスイングが、そのボールを打ち砕く。
強烈なライナーが、下柳先輩の左側を突き抜けていく。

セカンド正面。
ダブルプレー。

ウォォォォー!!!!!


そんな気持ちで投げていたはずの、最多勝投手。
最後に彼はこう言ったんだ。


「勝てたらいいなぁ、と思ってました」


下柳先輩、大好き!! その気持ちをクリックに◎blogランキングへ

posted by コーチ at 06:43| Comment(8) | TrackBack(11) | □ 下柳 剛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月26日

下柳先輩、大好き!!

先生  「いやいやはやはや、いやはやはや。イヤ!ハヤ!イヤ!ハヤ!」
コーチ 「何が目的なんですか?」
先生  「タイガース、いよいよギアチェンジしてきたなぁ」
コーチ 「その話をするために、どうしてイヤ!とハヤ!が必要なんですか?」
先生  「さぁ喋るぞー!!って思ったときの景気づけや!!」
コーチ 「余計喋りにくいでしょ」
先生  「そこやねん、問題は」
コーチ 「なんなんですかいったい?」
先生  「意気込みすぎるとうまく喋られへんねん、本当の自分がうまく表現できひんくなる」
コーチ 「ま、まぁ分かりますけどね」
先生  「昨日のタイガース、まさにそんな感じや」
コーチ 「なるほど」
先生  「下柳、中五日!!」
コーチ 「意気込みです」
先生  「不振のシーツに代わって、ファーストスタメンにアツ片岡!!」
コーチ 「凄い意気込みです」
先生  「中五日やし、ファーストはアツやし」
コーチ 「ちょっといつもと雰囲気違いました」
先生  「メンバーが代わっての雰囲気というのではなく」
コーチ 「チーム全体の空気が、さぁ行くぞ!!感、マンマンやったですもんね」
先生  「序盤から、レッドの凡退後の顔とか、今までやったら、自分に向けて技術的な反省とかそういう顔のこと多かってんけど」
コーチ 「そうですね、“とにかく悔しい!!”みたいな顔でしたからね」
先生  「バードもそうやった」
コーチ 「で、それが少しの力みに繋がって」
先生  「いい当たりが守備の正面をついた」
コーチ 「そして一番意気込んでしまったのが」
先生  「下柳先輩やったな」
コーチ 「少し、甘く入ったところを」
先生  「運悪く、球場が狭くて」
コーチ 「痛打された球がことごとくホームランになってしまった」
先生  「6失点ノックアウト」
コーチ 「あんなに悔しいんですよね。あんなにも悔しいことなんですよね」
先生  「下柳先輩があんな悔しがってるとこ初めて見たな」
コーチ 「そんなグラブを投げて、帽子を叩きつけて、その辺にある物、全部殴ってましたもんね」
先生  「6回を2失点に抑える仕事って」
コーチ 「あんなにも必死でやろうとしてた、そんな日やったんですよね」
先生  「いつも必死じゃないとはもちろん言わへんけども、前回神宮でのKOもあったしな」
コーチ 「責任感の強い彼が、いろんなことを自分に課しすぎてしまったというか」
先生  「もう、むちゃくちゃ必死やったんやろうと思う」
コーチ 「でも、必死にやろうとし過ぎると、人ってなかなかうまくいかないんですよね」
先生  「だけども、必死になってやったことでの失敗は必ず次に生きるんや」
コーチ 「で、今度ドラゴンズ戦見に行くじゃないですか」
先生  「来週の木曜日や」
コーチ 「下柳先輩の順番になったんですよね」
先生  「せやな」
コーチ 「ぼく思ったんですけどね」
先生  「おう」
コーチ 「もう、どんだけ打たれてもええから、下柳先輩が必死で投げてる姿を見たいって思ったんです」
先生  「オレも同じ気持ちや」
コーチ 「連続ノックアウトですけど、来週も投げさせてほしいっす。ぼく下柳先輩が投げてるとこ見たいです」
先生  「ふつうに考えて、ドラゴンズ三連戦、初戦二戦目を連勝するのは難しいやろから」
コーチ 「1勝1敗で迎えた第三戦」
先生  「優勝の鍵を握る大きな大きな一番で」
コーチ 「先発、下柳剛」
先生  「もう、一球一球応援しよ!!」
コーチ 「だって、あんなにも悔しがれる人やから」
先生  「オレら、大好きなんやもんな!!」
コーチ 「ドンマイ、下柳先輩!!」
先生  「甲子園のマウンド、見させてもらいます」
コーチ 「いつものピッチング、6回2失点でマウンド降りて」
先生  「球児やジェフや久保田のピッチングを応援している姿を」
コーチ 「ぼくらは応援しにいきますから!!」
先生  「下柳先輩!!」
コーチ 「大好きっす!!!!」

o-tr-050413-0301.jpg
先輩、甲子園で待ってます!!
二試合続けてノックアウトされたんだから、
次はお立ち台、拒否するのなしで(笑)



大好きな気持ちをクリックにぶつけてください:笑◎ランキングへ◎
*順位下がったけど、ポイント増えてます◎みなさんおおきに!!
posted by コーチ at 06:50| Comment(4) | TrackBack(6) | □ 下柳 剛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。