2007年08月07日

浜ちゃん、予行演習終えました。

報道によれば、ジャイアンツの先発投手は、
門倉、木佐貫、高橋尚であるということ。

とすれば、広島で復帰した浜ちゃんの起用は、高橋尚の試合でスタメン。その他の試合は終盤に、山口や野口が出てきた場合の代打だろうと思う。

浜ちゃんはこのジャイアンツ戦で打つために、あのタイミングで一軍に上がってきたのだと思う。市民球場での予行演習。

6打数2安打 1本塁打。

これが浜ちゃんの広島での結果だった。
1本塁打は言わずもがなの、復帰第一打席での鮮やかな同点本塁打。
敗戦ムードだった試合を一気に勝ちゲームへと変えたチームにとっても貴重なホームランだった。

もう一本のヒットは、第三戦。代打で出てライトへポトンと落ちるヒット。ともに左の広池から打ったものだ。

ただ浜ちゃんにとって非常に良かったことは、第二戦スタメンで出た試合での4打席だったと思う。

浜ちゃんはこれ以上ないほどに責任のない打席で、一軍の左投手の球を見ることに専念できたと思うからだ。


第1打席。2回。投手、高橋建

1アウトから林クンが内野安打で出塁。
その後、桜井のあわやホームランという当たりで林クン好走塁で一気にホームイン。先制した後、浜ちゃんの第1打席。

これが、林クンがサードでストップした場面であったとすれば、初回にチャンスを活かせていなかったこともあって、非常に責任の重い場面になると思う。先制点がほしい。最低でも外野フライ。1塁ベースが空いているので、際どいコースに投げてくる。低目の変化球の見極めetc 「そこで一点取る」ということを最大限考えなければならない局面だった。「自分」よりも「チーム」の局面。

しかし、一点取ってしまったことによって、浜ちゃんの責任は大きく軽減された。1点取ってなおも1アウトランナー2塁は「ヒットを打つ」これだけでよい。

ここで浜ちゃんセカンドフライ。

しかし、周知のように野口大活躍のゲーム。ここで野口が2点目となるタイムリーヒットを放つ。浜ちゃんの凡打の責任も軽減。


第2打席。4回先頭打者。投手、高橋建。
3回にシーツが右中間に2ランを放ち、この時点で4点リード。
先頭打者として考えることは「ヒットを打って出塁すること」。
責任はきわめて軽い。結果、浜ちゃん、三振。
その後野口がヒットを打って、攻撃のリズムを壊さない。
またまた、浜ちゃんの責任が軽減される。

第3打席。6回。投手、高橋建。
相変わらず4点リード。桜井、浜中、野口のうち誰かが出塁して上園まで回せばよいイニングだった。
桜井が倒れて、1アウト。打席の浜ちゃん、ヒットを打ちにいってサードゴロ。しかし、野口がまたヒットを打って上園までまわす。
責任のない打席で、浜ちゃんの責任がまた軽減される。

第4打席。8回。投手、佐竹。
前の回に、アニキのツーランで6点差になっての8回。
先頭の桜井が内野安打。ノーアウト1塁で浜ちゃん。
ダブルプレーでもそんなに大きな問題ではない場面。
思いっきり打ちにいけばよい。責任薄。
サードゴロ。ダブルプレーは免れて、一塁に残ったところで、代走藤原。その藤原が盗塁を決める。そして藤本がダメ押しのタイムリー。
浜ちゃんの凡打、全く帳消し。


高橋建、佐竹という実績のある左投手の球を4打席しっかり見ることができた。右に打つ場面、最低外野フライという場面を全くなしに。4打席「ただ打つだけでよい」というのは、そうあることではない。

さらに結果的に野口を筆頭に打線を繋いでいったことによって、浜ちゃんが打てなかったことが「ブレーキ」だとかそういうことに全くならなかったことも大きい。

というゲームを踏まえての第三戦。
相手投手は初戦でホームランを打った広池。だけど、この日は好投の広池に対して、浜ちゃんはヒットを打てた。
それほどいい当たりではなかったけど、「ヒットになった」ということが重要だと思う。一軍の左投手の球の力というものに体が馴染んできたということではなかったか。


という、非常に有意義な広島での予行演習を終えていざ本番。
浜中がそれを活かす時。
右中間にバチーン!!
出るかなぁ。。


クリックでblogランキングへ
posted by コーチ at 11:20| Comment(0) | TrackBack(0) | □ 浜中 治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月04日

広島の空に「ただいま」が聞こえる

先生  「HMNK!!!!」
コーチ 「はーまーなーか!!!!」
先生  「HMNK!!!!」
コーチ 「はーまーなーか!!!!」
先生  「HMNK!!!!」
コーチ 「先生!!」
先生  「なんや?」
コーチ 「なんや、ちゃいます。コールの仕方がちょっと変です」
先生  「変なことあらへん。濱ちゃんのこだわりを受け入れた結果のことや」
コーチ 「まぁ、ずっとHMNKってアンダーシャツの首の部分から見えてますけど」
先生  「いっそのこと、濱ちゃんは登録名を『HMNKおさむ』に変えてみてもいいと思ってる」
コーチ 「絶対、変です」
先生  「でも最初はみんな違和感あるんやって。『イチロー』『パンチ』も最初はそうやったけど、それからカタカナの登録名が当たり前のようになったやろ」
コーチ 「『SHINJYO』にはビビリましたけど、見慣れますもんね」
先生  「これからは、アルファベットとひらがなの時代や」
コーチ 「でも、それはないと思います」
先生  「なんでや」
コーチ 「濱ちゃんって『ちゃん付け』で呼ばれてるからHMちゃんって呼びにくいですもん。そういうのは流通しません」
先生  「それは解決済みや」
コーチ 「どないするんですか?」
先生  「『おさむちゃん』って呼べばいい」
コーチ 「それは、特定の人のイメージが強すぎてダメです(笑)」
先生  「おさ…おさむちゃんです!!!!」
コーチ 「ほら、ついやってしまうじゃないですか(笑)」


先生  「あのホームランはなぁ」
コーチ 「はい」
先生  「この試合の流れ、ここ最近のチームの流れ、そして濱ちゃん自身の流れ、それが見事に結実したホームランやった」
コーチ 「ほんまに、そうですね」
先生  「試合の流れから言うと、喜田が見事なタイムリーヒットを放ったその後からや」
コーチ 「ボークの件もあって、必死に自分とボールをコントロールしてきたジャンの限界寸前ってとこでしたね」
先生  「カープが作戦失敗して、2アウトランナーなしから、7番の石原にツーベース打たれる」
コーチ 「8番梵を敬遠して一塁を埋めました。長谷川を代えてほしかった。これで2アウト一塁二塁」
先生  「長谷ビッシュ、むちゃくちゃ良かったもんな」
コーチ 「あ、ちょっと似てますよね。ダルビッシュと」
先生  「手足が長くて球持ちがええからタイミング取りにくい」
コーチ 「序盤に鳥谷やアニキや林クンが苦労してた真っ直ぐに見えるボールはツーシームなんですかね? シュートかな?」
先生  「とにかく2回以降はとても打てそうもなかった」
コーチ 「やけどまだ1点差で、カープとしたらどうしてももう1点取りたかったし、取りにいこうとしなければそれはそれで、流れを引き寄せきれない」
先生  「苦渋の選択やったやろうけど、長谷川を代えたんよな」
コーチ 「代打は森笠でした」
先生  「ジャンももうギリギリやったし、あそこで江草をワンポイントもありかなぁって思ってんけどな」
コーチ 「そしたら廣瀬が出てくるかもしれないけど、『ジャン対森笠』か『江草対廣瀬』か、それを両天秤にかけて、どちらが確率が高いとも言えない非常に難しい場面で、ジャン続投でした」
先生  「ここでジャンが踏ん張った」
コーチ 「完投ペースやった長谷川はもう投げてこない」
先生  「もしかしたらいけるかなぁ、と思ったな」
コーチ 「7回表は桜井、矢野、関本ですし、誰か一人は出塁しそうな顔ぶれでした」
先生  「ほんで、9番のジャンのところで代打葛城」
コーチ 「いよいよ、葛城がヒーローになる試合が来たか、と思ったら」
先生  「あっさり三者凡退で9番までまわらず」
コーチ 「葛城、準備してたけどな」
先生  「青木が見事なピッチングやった」
コーチ 「気持ち入ってましたましたよね。『長谷川の好投を不意にするわけにはいかん!』」
先生  「同い年やねんな。二人」
コーチ 「ちなみに葛城もそうです。今年30歳」
先生  「順風満帆ではなかったプロ野球人生。だけども、ここまで現役を続けてこれた三人の様々なもんが交錯した7回表やった」
コーチ 「『葛城vs青木』の何とも言えない味のある対決は次のイニングに持ち越しでした」

先生  「ジャンに代わって好投した渡辺に代わって、代打葛城」
コーチ 「後半戦の好調のチームの中で、葛城が果たしてきた仕事をまた再現してほしい場面」
先生  「しぶとく出塁を期待したな」
コーチ 「ところが、ここでブラウンが動いて、ピッチャー左の広池」
先生  「苦労人が続々と出てくる、見応えのある終盤やったな」
コーチ 「そして代打の代打、この数分後まで『苦労の真っ最中』だったヒーローが登場します」
先生  「濱ちゃん、おかえり」
コーチ 「市民球場に渦まく『おかえりムード』」
先生  「前日の甲子園で、古田はこのムードを絶対的に嫌ったんやった」
コーチ 「葛城との勝負を選択して、そこで葛城が大きな大きな仕事をしました」
先生  「あの場面で葛城が打ててたことが」
コーチ 「このゲーム、濱ちゃんリスタートのあの打席の背中を間違いなく押しました」
先生  「その葛城が打席に立つことなく、ベンチに下がって出ていく自分」
コーチ 「自分の大不振、チームの大不振。その中での若手の台頭」
先生  「林クン桜井が5番6番で固定してからチームは確実に安定しているという事実」
コーチ 「いくつもの邪念を振り払うために、真夏の太陽の下」
先生  「何度も何度もバット振ってたんやろな」
コーチ 「『ふつう』に打席に立つために、もがき苦しんだ末戻ってきた大舞台」
先生  「交錯しあった葛城との二日間を胸に刻み」
コーチ 「『おかえり、濱ちゃん』が渦まく広島の夜空に」
先生  「濱ちゃんは、叫びました」
コーチ 「『ただいまー!!!!!』」
先生  「広島の空に『ただいま』が聞こえる」

クリックでblogランキングへ


posted by コーチ at 03:26| Comment(0) | TrackBack(1) | □ 浜中 治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月27日

不安定の力

毎年、キャンプ前からキャンプ中に報道の核となる選手が出てくる。
一昨年であればゴールデンルーキー鳥谷であったし、
昨年であれば序盤は契約問題の井川、後半は実力派ルーキー能見がタイガース報道における核をなしていたように思う。

今年は大きな移籍もなく、一般的に注目されるタイプの新人選手もいないため、
話題の中心は「濱ちゃん」だ。

ケガから復帰した濱ちゃんがいよいよ「元4番」としての輝きを取り戻す。
3番ライト構想。
桧山、スペンサー、林らと熾烈なポジション争い。

主役は濱中。

ぼくもそのことに異論はない。
最終的にレギュラーを誰が取るかということは抜きにして、
濱ちゃんが主役であることに異論なし。

ぼくたちは濱中に惹かれる。

その理由は、おそらく、濱ちゃんが「不安定」だからだ。

人は潜在的に「不安定なものが時折現す爆発的なるもの」を期待していると思う。

濱ちゃんの「不安定」に期待しているのだ。

名前を変えたり、背番号を変えたり、脱臼したり・・・
表面に見える「不安定」もさることながら、
やはり濱ちゃんの不安定が如実に現れるのが、「打席での表情」

濱ちゃんは打てない時、本当に打てない顔をしている。

ただ、自信に満ち溢れたときの濱ちゃんの表情というのは、
その落差もあいまって、圧倒的に魅力的に移るのだ。

そして、体に巻きついてバットが出てくる、そのスイングから放たれる打球というのは、
金本のそれとも、イチローのそれとも、松井のそれとも違った、
「濱中の打球」として、放物線を描く。

「濱中の打球」
敢えて類似したものを探すならば、それは、

「井川が投げる最高の速球」
これと近い。

井川が右の強打者と相対する時、見逃しの三振を取れる膝元の速球。
例えばそれはドラゴンズのウッズを打ち取ったときに見せる最高のストレート。
「不安定な」ストレート。

「不安定が放つ放物線」と「不安定から放たれたストレート」

両者とも不安定だからこそ持ちえる、圧倒的な魅力。

だからこそぼくらはその放物線やストレートに魂を揺さぶられるんだと思う。
一般的に言われる「華」とはまた違った、先天的に人が持ちえる「華」。
「不安定な華」いや「花」。

昨年は、元祖不安定が大爆発を見せた年でもあった。
無論、今岡。

そして、その不安定の爆発に火をつけたのが、無論金本。
アニキは「安定」とか「不安定」とかそんな言葉を超越した
「圧倒的」な打者。

そしてその「圧倒的」も「不安定」を支えることによって、
その凄みがまた一段と増す、アニキってそんな人だと思う。

ならば、3番「Mr.不安定」濱中 4番「超圧倒的」金本 5番「元祖不安定今岡」

このクリーンアップは凄い。

今岡に繋ぐことや、今岡を守ることでその凄みをより凄いものにした昨年のアニキ。
濱ちゃんが3番に座ることになり、不安定を開花させたとすれば、
アニキは、自分が打席に入る前に「不安定な放物線」を見ることになる。

その打球にアニキが呼応しないはずもなく、
さらにアニキは、自分の直後の不安定に期待しながら、
「4番打者」としての打席を全うする。

アニキの破壊力たるや。

そして、ウエイティングサークルでは、元祖不安定が待っている。

濱ちゃん次第で、今年のタイガースは信じられない勝ち方をするかも知れない。
濱ちゃんの打球にはその力がある。

さぁ濱ちゃん、不安定を叫んでくれ。


クリックでblogランキングへ
posted by コーチ at 10:14| Comment(6) | TrackBack(1) | □ 浜中 治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。